realestate

戸建賃貸住宅で不動産投資をするときには賃貸とマイホーム同時に建てる方法もある!

不動産投資によって利益を得たいと考えたときには戦略を立てることが重要になる。戸建ての賃貸を考えた場合、マンションやアパートを購入する場合と何が違うのかをまず把握しておくのが大切だ。その上で、合理的な戦略の一つとして自分の住まいとしても使う戸建て住宅を建てて賃貸経営をする方法があるのをご存知だろうか。

戸建ての場合には利回りが低くなりがち

戸建住宅による不動産投資が難しいのは利回りが低くなりがちだからだ。戸建賃貸住宅は賃貸マンションと比べると面積あたりの戸数が少なく、投資額に比べて家賃収入が低くなってしまいやすい。この問題を克服できなければ、賃貸経営による利益を十分に得て資産形成をするのは難しいだろう。

マイホームとして戸建て住宅を用意するメリット

賃貸経営に使う戸建て住宅を自分の住まいとして兼用するのは資産形成に関する問題を解決するための合理的な方法だ。新しい二階建てか三階建ての住宅を建てて、ワンフロアに一家庭という形で生活する形にすれば自宅としても利用できる。この不動産投資のやり方のメリットは住宅ローンを一部に適用できることだ。

土地も建物も、基本的に自宅用に使う部分については住宅ローンを使える仕組みになっているので金利が低くて済む。同じ建物に住むことで管理がしやすくなり、気づいたときに簡単に庭掃除などをすることもできるし、クレームに対応することがすぐにできるのもメリットだ。入居者とのコミュニケーションも取りやすく、長く住んでもらえる可能性が高くなるのも魅力である。そして、このような住み方をすればローンの返済を家賃でまかなえるため、マイホームを手に入れたいという希望を比較的容易に叶えられるのもメリットと言える。

自分も住む住宅を運用するときの注意点

自宅兼用の戸建て住宅を賃貸経営するときは入居審査を慎重に行うことが重要で、不動産会社に任せきりにしてしまうと後悔する恐れがある。同じ家に他の家族が住むことになるため、生活リズムが大きくずれていると生活しにくくなるのは明らかだろう。入居者から大家に対してクレームをつけられる場合もあることから、互いの生活リズムが合っているか、住生活に対する考え方について合意を取れるかをよく見極めることが重要になる点は注意しよう。

自宅兼用の戸建て住宅で不動産投資をしよう

戸建て住宅を使う不動産投資は利回りが低いという問題があるため、戦略を考えて始める必要がある。自宅兼用の戸建て住宅なら管理が楽になり、マイホームも手に入れられるメリットがあるので検討してみよう。入居審査を慎重に行い、生活リズムが合っている入居者を厳選すれば安定した収入を維持しつつ、生活も豊かにできる可能性が高い方法である。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。