casita

一戸建てによる不動産投資を支える「casita(カシータ)」とは!?

不動産投資のときにはレバレッジを利かせられることから、マンションやアパートのような高額の建物を使うことが多い。しかし、賃貸経営による利益を得ようと考えたときには一戸建てを使うことも可能だ。「casita(カシータ)」はこの点に着目した一戸建ての賃貸住宅であるという点が特徴である。その「casita(カシータ)」とはどのようなものなのだろうか。

一戸建ての賃貸住宅「casita(カシータ)」

casita は、casa cube などの商品住宅で有名なカーサ・プロジェクト株式会社が展開している戸建賃貸住宅である。それはクオリティの高い一戸建て住宅であり、かつ賃貸住宅の運用をしたいオーナーに向けた一戸建ての賃貸住宅である。一戸建ての賃貸住宅は確かにニーズはあるものの、なかなか魅力的な住宅が見つからずに困って結局マンションを賃貸するというケースは少なくない。ニッチを埋める事業として、カシータでは一戸建ての賃貸を手がけるサービスを提供している。

新しい賃貸経営

賃貸経営が変わる、新しい価値観の創造という大きなテーマを持つcasita。一軒家の新築住宅を使って不動産投資をするという古くて新しい賃貸経営スタイルを提唱しているのが特徴だ。遥か昔から一軒家を他人に賃貸することは行われてきたが、不動産投資として行う際には現代ではあまり主流ではない。マンションやアパートなどの集合住宅を使うのが標準的になっているからだ。ただ、世の中には一軒家で賃貸生活をしたいという家庭も多い。ただ、新しくて設備も整っている魅力的な物件があまりないという問題があり、高品質な一戸建ての賃貸住宅は潜在的に大きなニーズが眠っていると言っていい。

「casita(カシータ)」のコンセプト

casita のコンセプトは「少ないリスクと大きく広がるメリット、WINxWINの住まい」というものだ。一軒家を建てるのはマンションやアパートを建設するのに比べるとコストが少なくて済むので、大金を借りて賃貸経営を始めて返済できないまま経営難に陥ってしまうリスクが少ない。特にcasitaは品質重視の一戸建ての賃貸住宅であるため、一度入居した人が長く住んでくれることが多く、安定した家賃収入を長期的に手に入れられる可能性が高くなっている。WINxWINの住まいとはオーナーにとってリスクが低く、入居者は住み心地が良いという考え方に基づいた住宅のことで、一軒家での賃貸経営を成功させるためのコンセプトとして掲げられている。

価値ある一軒家を提供する

賃貸戸建住宅「casita(カシータ)」は付加価値が大きいのが特徴である。間取りは持ち家感覚という考え方に基づくマスタープラン、ガレージハウスに仕上げるガレージプラン、屋上テラスを用意するルーフトッププランの3種類を用意している。このようなトレンドに合っていてコンパクトな住宅を手がけていることで高い人気を集めている。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。