realestate

今現在需要が豊富にある!一軒家タイプの戸建賃貸住宅の賃貸経営はいかが!?

近年では、サラリーマンをしながら副業で大家収入を得るという働き方も増えている。そんなサラリーマン大家の登場により、一部の地域ではマンションやアパートなどが過剰供給となり、入居者の奪い合いになっている状況だ。しかし、需要が高い建物を立てれば高い入居率が見込まれる。そんな需要の高い建物の一例として、一軒家タイプの戸建賃貸住宅がある。この記事では、一軒家タイプの戸建賃貸住宅について説明する。

戸建賃貸住宅であれば多少立地が悪くても入居率が高い

基本的には駅近などの立地条件は大きく入居率に影響する。特に独身の単身者であれば、立地条件の良いところを選ぶ傾向がある。不動産というものは、駅からの距離でその賃貸料や入居率が大きく異なるのだ。しかし、一軒家タイプの戸建賃貸住宅であると少々事情は異なる。戸建賃貸住宅の場合のターゲットはファミリーだ。部屋数が多くファミリーで利用しやすいということもあるが、ファミリー層には一軒家に対する憧れがある。そんなファミリーでも転勤が多い人や資金不足で悩む人を中心に持ち家を諦めている人もいるのだ。一軒家に住めるメリットとしては、騒音問題の解消やペットが飼える、庭のある生活を楽しめるなどがある。そのような理由で、多少駅から遠くても戸建賃貸住宅の場合は健全な賃貸経営が可能だ。

長く住んでもらえるのもメリット

単身赴任者や学生などは入れ替わりが早く、入居者が退去するたびにハウスクリーニングなどのコストが発生する。しかし、一軒家タイプの戸建賃貸住宅の場合はこういった点にも違いが見られる。このような部屋を借りる人は、一般的に長く住んでもらえる傾向にあるのだ。そのため、修繕費などが頻繁にかかることがなく、建物の維持費が低コストになりやすい。

利回りが良いのもメリット

戸建賃貸住宅を経営すると利回りが良いこともメリットだ。アパートやマンションを建設した場合、各部屋にキッチンやトイレなどを設置するため、建設コストが高いのが難点だ。しかし、一軒家タイプの場合はトイレやキッチンの数も減り、おおよそ10%の建築費を抑えられる。また、一軒家の場合はアパートやマンションよりも部屋数が多いなど優れた条件であることが多く、相場よりも高い価格で部屋を貸すことが可能だ。同じエリアのアパートやマンションと比較すると1割以上家賃を上げられる傾向にある。

戸建賃貸住宅を建てて安定収入を得よう

このように、一軒家タイプの戸建賃貸住宅を建てると立地条件が多少悪くても入居者が見つかる可能性が高い。しかも、その物件に長く住んでもらえるのもメリットである。マンションやアパートよりも建築コストが抑えられて利回りも良くなるため、健全な経営が可能だ。入居者についても庭付き戸建てが持てる喜びがあり、戸建賃貸住宅経営は貸す側にも借りる側にもメリットがあると言えるだろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。