realestate

賃貸経営による土地活用なら戸建賃貸住宅の利用を検討しよう!

相続などで手に入れた土地を有効利用したいと考えたときには、建物を建てて賃貸経営をするのが魅力的な方法だ。その際にはマンションやアパートを建てることが多いものの、戸建賃貸住宅を利用する方法にも大きな魅力がある。戸建住宅を使って賃貸経営をするメリットとしてどのようなものが挙げられるのかを確認しておこう。

相続した戸建住宅をそのまま使用できる

相続によって土地だけでなく、親が住んでいた戸建住宅も手に入れたという場合にはその戸建住宅をそのまま賃貸経営に利用できるのがメリットだ。住宅を建てるには数千万円のコストがかかるが、相続した住宅があるなら初期コストはかなり抑えられる。現状のまま賃貸物件とするのは無理であっても、リフォームやリノベーションをすれば魅力的な住宅に仕上げるのは難しくない。このようなケースでは、数百万円程度の初期投資で毎月家賃収入を獲得できる賃貸住宅を経営できるようになる場合が多い。

将来のマイホームを建てることができる

住宅を相続していない場合でも、土地活用の方法として戸建賃貸住宅を建てるのにはメリットがある。建てた住宅は他人に貸しても良いが、後々自分たちが住んでしまっても問題はない。今はマイホームがあって家族で暮らしているけれど、老後になったら夫婦で暮らせる少し小さな家が欲しいという場合もあるだろう。そんなときに自分が将来住みたいマイホームを設計して建築し、かかった費用は賃貸経営によってまかなうことも可能である。近い将来に住むのなら定期借家で賃貸すれば、期日になったら退去してもらうことが可能だ。住み始めるまでは借りている人に家を管理してもらえると考えるとメリットが大きい方法である。

狭小地であっても賃貸経営に使える

土地活用をするときに面積が狭くて難しいと感じてしまうことも多い。マンションやアパートを建てるのは難しくても、一戸建てなら建てられる場合がよくあるのもメリットだ。狭小地に戸建住宅を建てる技術も発達しているので、有用な賃貸住宅を手に入れられると期待できる。また、周囲の住宅の日照権の関係で高い建物を建てられないというケースでも一戸建てなら問題になりにくい。このような土地の広さや周辺環境の問題を乗り越えられる可能性を秘めているのが戸建住宅の魅力である。

戸建住宅のメリットを生かして土地活用を進めよう

土地活用を考えるケースとしては相続したときが多く、住宅ごと相続したなら適切な改修をして賃貸経営をすればスムーズに利益を上げられるだろう。将来のマイホームを建てる手段として戸建賃貸住宅を活用する方法もある。戸建なら狭小地などでも建てられる可能性が高いため、賃貸経営による土地活用をしたいと思ったら戸建住宅の利用も検討しよう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。