realestate

一軒家で賃貸経営を始めて「戸建賃貸住宅」の大家になろう!

賃貸住宅というと、アパートやマンションなどを思い浮かべる人が多いことだろう。しかしそれ以外にも、あまり知られていない賃貸の方法があるのだ。それが普通の戸建て住宅を貸して家賃を得るという方法だ。では戸建て住宅を貸す場合には、アパートやマンションとはどの様な違いがあるのだろうか。他にも戸建賃貸の魅力なども解説する。

戸建賃貸住宅はまだ需要が少ない

賃貸住宅には地主などが相続税対策で、所有している土地に大きなアパートやマンションを建設するというケースがある。それ以外にも近年では会社員をしながら、副業で不動産投資を行う所謂「サラリーマン大家」と呼ばれる人たちも登場している。このような地主やサラリーマン大家の登場により、一部の地域ではアパートやマンションが供給過剰状態に陥っているところもある。そのような地域で不動産投資を行うとライバルが増えて、入居者の奪い合いになることも考えられる。だが戸建賃貸住宅の場合には、アパートやマンション程乱立している地域は少ないのだ。その為需要のある地域で行えば、高い入居率が見込めることもあるのだ。

戸建賃貸住宅ならば駅から離れていても問題なし

普通の単身者用のアパートやマンションであれば、当然最寄りの駅から近い立地の方が入居者に好まれる傾向にある。不動産投資は立地が命と言われており、駅から近い平坦地に物件を持つに越したことはない。しかし戸建賃貸住宅の場合には少し事情が変わってくる。上述のように、需要のある地域であれば入居者も決まりやすいことに加えて、駅からやや離れた場所であっても空室になりにくい傾向がある。その理由は、戸建賃貸住宅はほとんどがファミリー向けの住宅であるという事だ。ファミリー向けの場合には、駐車場スペースを設ければ立地がやや悪くても入居者が決まる確率が高まるのである。

長く住んでもらえるというメリットも

単身者向けの物件の場合には学生なども多くいることから、数年ほどで退去してそのたびにハウスクリーニングが必要になる。しかし一軒家を貸す賃貸経営の場合には、比較的長く住んでくれるというメリットもあるのだ。したがって修繕費用も頻繁にかかる事もない。さらに戸建ての場合であれば、アパマンと違って周りの騒音も気にすることなく暮らせる傾向にある。

需要のある地域を見定めて始める

このように戸建賃貸住宅は、アパマンに比べると需要が高い割にはまだ供給が少ない傾向にある。賃貸経営を始めて成功させたい場合には、需要のある地域をきちんと見定めて始めるようにしよう。出来れば自分一人で判断することなく、プロなどに相談をして立地などを決めたほうがより安心して賃貸経営が出来ることになるだろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。