casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」で魅力的な不動産投資が可能です。

アパートやマンションなどの集合住宅ではなく、一戸建ての住宅を利用した不動産投資の魅力に気づき始めた不動産経営者、投資家が増えている。

収益性が高いのが戸建賃貸住宅

マンションやアパートを建てて賃貸経営を始めたり、その一室を賃貸物件として貸し出したりする不動産投資に比べて、収益性が高いのが戸建賃貸住宅の非常に魅力的だ。そして、高い利回りが期待できる戸建賃貸住宅での賃貸経営に参入したいと考えている人にとって、戸建賃貸住宅の中でもクオリティやデザイン性が高い「casita(カシータ)」は有効な手段だと言えるだろう。

高い家賃設定も可能で稼働率も高い

アパートやマンションと比較して単身での入居者がほぼいないと言える一戸建て住宅を不動産投資で取り扱ったとして、常に入居者を確保できるのかが心配だという投資家が多いのもまた事実。しかし、入居期間が長く稼働率が高いというのもcasita の魅力になっていて、マイホームの購入ではなく、賃貸での一戸建て住宅を求めている方も満足できるクオリティだ。そのため、高い家賃設定も可能で稼働率も高い。投資には必ずリスクが付き纏うため100%確実に収益を挙げられるとは断言でないが、少ないリスクで高い利回りが得られやすいというのがcasita の特色なのだと捉えておいていいだろう。空室リスクが低い賃貸経営を行いたいと考えていたり、空き家を所有していたりと悩む不動産投資家、賃貸経営者にとっても非常に有利だ。また、建設場所も日本全国どこでも可能なため、地方在住を希望しているような都内在住の借り手にも見つけやすい。

気軽に始められるのが戸建賃貸住宅

地方での不動産物件の空室率は年々上昇しており、アパートやマンション経営が上手くいっていない人も多い。また、親から相続で受け継いだ土地があるものの、売却もできず毎年固定資産を支払っているなどという悩みを持っている方にとっても、一戸建て住宅を賃貸物件として貸し出す戸建賃貸住宅は十分に価値ある存在であると言える。アパートやマンションのように巨額のイニシャルコストが必要になることもなく、1棟あたり25坪程度の土地があれば、2棟から建設することで賃貸経営を始めることができる。それにアパートやマンションのように共有部分もないからメンテナンス費用も少ない。イニシャルコストもランニングコストも小さいので気軽に始められるのが戸建賃貸住宅であり、その中でもオススメしたいのが「casita(カシータ)」である。

 

このように「casita(カシータ)」での戸建賃貸住宅は非常に魅力的であり、堅実な投資方法であると言える。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。