casita

不動産投資の悩みを解決!?一戸建ての賃貸経営をサポートする「casita(カシータ)」

一戸建てなどの賃貸物件の投資に失敗しないためには様々なリスクを知って、それに備えることが大切だ。何も分からない状態でスタートしてしまうとトラブルが起こったときに冷静な判断が出来ず、パニックになってしまうこともある。これから起こるかもしれないリスクとその解決方法を知って、賢く経営していくことが大事。そこで不動産投資のリスクやその解決方法について詳しく解説する。

空室になるリスク

不動産投資をしていく上で避けて通ることが難しいのが、空室のリスクだ。多くの経営者に付きまとうリスクではありますが、出来るだけゼロになるように努力したいものである。

駅から遠い場所にある、交通の便が良くないと入居者が減ることもあるのだ。移動がしづらい場所にあると通勤通学がしにくく、住みにくい賃貸だと判断されてしまう。また周辺環境も大切で、スーパーやコンビニ、病院が少ないと入居者希望者が現れにくい。家賃が相場より高くなっているときにも空室リスクが上がり、退去者を増やす原因にもなるのだ。

家賃滞納や家賃下落のリスク

賃貸物件のオーナーにとって収入面のリスクとなるのが、家賃滞納や家賃下落のリスク。家賃滞納はわざと滞納してしまうケースとうっかりミスによって起こるものがある。うっかりミスは銀行口座にお金を入れ忘れていたり、支払い期日を間違えていたなどです。うっかり支払うのを忘れていた入居者なら連絡をして払って貰えれば解決するのだが、わざと滞納している人の対処は難しくなる。契約を破棄して部屋から追い出せば良いと思いがちだが、日本の法律ではオーナーが一方的に退去を促すのは禁止されているのだ。

家賃滞納の他に家賃下落のリスクもあり、賃貸物件の築年数によって家賃が下がる可能性がある。築年数が10年で5%から10%、20年以上になると10%から20%下がることもあるのだ。人気のあるエリアに物件があったとしても、少しずつ下がってしまうことも。

リスクを回避する解決方法とは?

様々なリスクを解決する方法に有効なのが、casita。25坪の土地があれば手軽に賃貸物件の経営ができ、資産運用をすることも可能である。色々なリスクをカバーし、オーナーが快適に経営出来るような工夫がされているのが魅力だ。

戸建て賃貸の数が基本的に少ないことから、戸建ての物件への希望者は多いため空室リスクはある程度避けられる。さらにcasita では質の高い設備や内装を備えており、入居者の満足度が高い。満足度が高ければ退去者の数が減り、空室リスクが下がるのだ。

サブリースで家賃保証も充実しており、家賃滞納のトラブルに巻き込まれても安心。またcasita では、古くなったら壊すというスタイルではなく、建物自体を長持ちさせるのでいつまで経っても資産価値は下がりにくい。家賃を大幅に下げることもなく、安定した収入に繋がるのだ。

賃貸経営を変えてくれるcasita

casitaはリスク回避の他にランニングコストを抑えることができ、地震にも強い家が作れるのがメリットだ。casitaは気密性や断熱性が高く、冷暖房のコストが掛からないようになっている。地震にも強い設計になっており、震度6強の地震にも耐えられる。物件を貸しているオーナーだけでなく、入居者にとっても様々なメリットがあるのはcasitaならではだ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。