casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」は色々な状況に対応できるマルチな存在。

機能性やクオリティが高く、デザイン性にも長けている「casita(カシータ)」は、戸建賃貸住宅ということもあり、希少性も高いので、住む人、つまり借りる人にも人気で、十分なリターンが期待でき、不動産オーナーや投資家からも高い支持を集めている。貸し手にとって「casita(カシータ)」は、リスク管理や資産の活用、不動産投資のスタートとして、色々な状況に対応できることができ、そのマルチさもオススメのポイントだ。

1.所有している土地の活用

あなた自身が土地を所有していたり、先祖代々の土地を相続したりして、使われていない土地がある場合は、casita での賃貸経営が非常に有効だろう。支払わなければいけない固定資産税があって、賃貸経営を始めてみようと思っても、アパートやマンションを建てても採算が取れる土地というのは少ないはずだ。そういった時に戸建賃貸住宅であれば、需要に対して供給が圧倒的に少ないため、希少性が高いので入居者も決まりやすい。その中でもデザイン性やグレードも高いcasita は入居者の満足度も高いので、強気の家賃設定が可能なので収益性も高い。

2.インカム住宅

あなたが不動産投資や賃貸経営に興味がある人でなかったとしても、マイホームが欲しいという人は一度casita のことを勉強しておく必要がある。何故ならcasita なら、例えば2棟以上同時に同一敷地内に建築し、そのうちの1棟をマイホームとして自宅にして、それ以外を賃貸住宅にするという選択肢もある。賃貸住宅からは入居者が住み続ける限り家賃収入が入り、マイホームのローンの支払いに当てる収益併用住宅、いわゆるインカム住宅として住みながら貸すという新しい方法が可能だ。

3.出口戦略としての物件の売却

賃貸経営や不動産投資の経験がない人にとっては不安が多いのは当然のことだろう。casita であれば、不動産経営の色々なリスクに対処しやすい。キャッシュが必要になったときには、戸建賃貸住宅の性質上、市場に出回っている物件数が少ないので需要と供給のバランスで高値での査定になりやすく、比較的簡単に売却できる。

また、相続問題で土地を分筆しなくてはいけないときでも、戸建住宅なので棟ごとに土地をわけやすい。アパートやマンションであれば大きな建物を分割できないので、いかに戸建賃貸住宅が利便性が高いかわかるだろう。

 

単純に賃貸経営や不動産投資と言っても、色々な関わり方がある。その色々な状況に柔軟に対応できるのが、戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」だ。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。