realestate

戸建賃貸住宅の特徴と一軒家の賃貸経営で得られる利益とコストとは!?

賃貸経営は不労所得の方法のひとつとして古くから行われている。物件を貸し与えて家賃を徴収し、それが利益となる仕組みだ。何もせずにお金が得られるイメージがあるが、実際は非常に仕事が多いので決して簡単ではない。また、賃貸物件の資産価値の変動や維持費の捻出など問題点が多いのも注意すべき点である。賃貸経営で利益を得るための方法や注意点について把握しよう。

取引相手が物件ひとつに対してひとつの世帯だけなので交渉や管理が容易

戸建賃貸住宅を経営する大きな利点は交渉相手が少ないことである。アパートのような集合住宅の場合、ひとつの物件に複数の世帯が入る。家賃の徴収や付随設備の管理など様々な事柄を世帯の数だけこなさなければならない。また、入居している世帯同士のトラブルに対処するのも経営者の仕事だ。集合住宅は同じ間取りの部屋がいくつも並んでいる形なので画一的なイメージがあり、嫌う人もいる。また、単身世帯や少人数世帯に限る物件も多いことから入居率が上がりにくいのも問題だ。その点、戸建賃貸住宅は基本的に物件ひとつにつきひとつの世帯が入居する。そのため、家賃の徴収などの仕事はひとつの世帯だけを相手にするので手間がかからないのが利点だ。

周りから独立した構造の一軒家は入居者のプライバシー保護に最適

また、戸建賃貸住宅は建物が他の世帯とは独立した造りになっている一軒家なので人気が高いのも大きな特徴だ。プライバシーを守りながら暮らしたい人には最適な物件である他、部屋数が多いので大人数の家族世帯でも安心して入居できる。そのため、家賃を高く設定してもすぐに入居契約が結ばれることが多いのも魅力のひとつだ。

快適に暮らすためには定期的なメンテナンスが不可欠

家賃が高くても入居率が高い一軒家は賃貸経営において理想的な物件と言えるが、どのような一軒家でもすぐに入居者が決まるわけではない。建物の居住性や敷地の状態が良くなければ誰も住みたがらないので、常に状態を良好に保つための定期的なメンテナンスは不可欠だ。特に敷地の整備は物件の見栄えに大きく影響する。第一印象の良し悪しが入居率を決めると言っても過言ではない。そのため、わずかな不具合も放置せず、速やかに対処して状態を改善させるのが安定した家賃収入を得るための条件だ。しかし、物件のメンテナンスは維持費が嵩む要因にもなる。戸建賃貸住宅を持つ際は物件の状態をよく調べ、家賃収入と維持費の割合を計算して判断することが重要だ。

一軒家の賃貸経営は利益率が高い一方で維持費が嵩むことを理解する

一軒家の賃貸物件は周囲から独立した造りになっているので入居者のプライバシーが守られる。また、部屋数が多く敷地も広いので大人数の世帯に最適だ。生活環境の質が高いので、高額な家賃でも入居率が高いのが一軒家の魅力と言える。その一方で見栄えの良し悪しが入居率に影響することからメンテナンスが不可欠であり、その分だけ維持費が嵩む。維持費を支払っても十分な利益が得られる物件を持つことが賃貸経営で成功する条件だ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。