casita

「casita(カシータ)」が「住みたい!」と思わせてくれるデザインの4つのポイント。

「casita(カシータ)」は、1棟あたり25坪以上の土地があれば気軽に賃貸経営が始められる戸建賃貸住宅だ。戸建の賃貸住宅は、そもそも希少性が高いので、入居希望者も集まりやすく、家賃も高く設定できることが多い。気軽な割には手堅い不動産投資である。

しかし、いくら不動産投資の中でブルーオーシャンだからと言っても、現代の消費者は非常に目が肥えていて、安易なものには飛びつかない。長期優良住宅に対応可能な「casita(カシータ)」は、借り手が「住みたい!」と思わせてくれる工夫がいっぱい。その中でも、主に「デザイン性」におけるポイントを紹介したい。

1.「街並み」を意識した外観

casita は、どこに日本中のどこに建てても違和感がなく、その街の風景に溶け込み、美しい街並みを作るようにデザインされている。もちろん1棟1棟こだわったデザインではあるが、casita のオーナーさんが、複数棟建てることを前提にしているからでもある。それ故に、住まう家族は違っても一つの街のように、コミュニティが形成されるように計画されているのだ。

2.「神は細部に宿る」ディテールまでしっかり設計

「ここに住んでみたい」「ずっと住み続けたい」と思ってもらわない限りは入居希望者は、増えることはない。戸建賃貸住宅に限らず集合住宅でもそう言った見た目に、こだわる物件は少ないのが現状だ。その中でもcasita は、外観も内部空間もシンプルでスタイリッシュなデザインで人を惹きつける。

例えば外観では、換気口や吸気口、エアコンのダクトなど、機能的にどうしても必要になってくる要素をできるだけ側面に持って行き、正面のデザインを際立たせている。「神は細部に宿る」との言葉があるが、ディテールまでしっかり設計されているのがcasita だ。

3.必要最小限の窓で最大限の開放感

周囲の住宅などがあるから、大きな窓を設けてもカーテンを閉めっぱなしの家は多い。果たしてそんなに大きな窓は必要だったのか、と疑問に思うことはないだろうか。casita では、必要最小限の窓を適材適所に必要な面積だけ配置している。だが、日中は照明を点灯しなくても、十分に明るく開放的だ。もちろんプライバシーも確保されている。効率的に配置している照明のおかげで、夜間も落ち着いた雰囲気の内部空間が実現されている。

4.女性目線を大切にした設計

持ち家にしても賃貸にしても家にいる時間が長く、家事を多く担う女性の方がこだわりが強い傾向がある。しかも、非常に細やかなところまで注視している人が多い。そこで、シンプルでスタイリッシュな外観だけでなく、緻密に計算された家事動線や大容量の収納、色々な家具とコーディネートしやすいインテリアなど女性目線を大切にした設計がなされている。また、ホテルライクな洗面所やトイレ、バスルームなどの水回りも充実している。

 

良い住まいには良いデザインが必要不可欠。それは持ち家だけでなく賃貸でも同じこと。「casita(カシータ)」は、デザインがしっかりしているからこそ「住みたい!」と思われる戸建賃貸住宅なのである。戸建賃貸で賃貸経営を考えている方は、「casita(カシータ)」のデザイン性にも注目してみてほしい。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。