建築基準法のデメリットもきっちりクリア、高い住宅基準を視点に置いた戸建賃貸「casita」2017.02.01Wed

戸建賃貸のデメリットとしてよく言われているのが建築基準法だ。複数の棟を同じ敷地内に建設する場合、それぞれの建物で建築基準法をクリアしなければならないので敷地に余裕がなくなる。その結果、日当たりが悪い棟が出てきたり、隣家の目線が気になるという問題が出てくる場合がある。

しかし「casita」は、戸建賃貸の従来の建築基準法によるデメリットをクリアした住宅設計をおこなっている。それではどういった面をクリアしているのか見ていきたい。

日照を十分確保、建築基準法もクリア、隣家の目線も気にならない優良住宅。

そもそも戸建賃貸というのは、住むだけではなく「貸す」ことも視野にいれた住宅だ。自宅以外の選択肢、資産投資や賃貸物件としても考えているのであれば、複数棟建てることを前提に考え、各棟の日照が十分確保でき、かつ建築基準法もクリア、隣家の目線も気にならない、デメリットが生じないように計画された戸建賃貸こそオーナーや住む人のことを考えた「良い戸建賃貸」と言える。

戸建賃貸「casita」はそれらを前提として設計され、隣の棟との間は人が一人通れるスペースはあいているが、そもそも家の隣に窓がないので、いくら棟数が増えても隣家の目線が気になることは殆どない。窓を開けたら目の前がすぐ壁という、窓があっても意味をなさない現象も起こらない。

隣に家があっても安心の明るさ、高い住宅基準を視点に置いた家づくり。

さまざまな、住宅メーカーが戸建賃貸住宅を商品化しているが、複数棟が隣同士に建てられることを想定されていないようなものは、決してオススメの物件とは呼べないだろう。それは日照の問題も同様だ。

例えば、マンションで日照条件が最悪という人は殆どいないだろう。多くのマンションの構造は内廊下なり外廊下なりがあり、入り口と出口は一定の方角を向いている。ドアを開けて入って行った向こう側に掃き出し窓が二つ付いているなど、満足のゆく採光ではないにしてもある程度の光は入る。

しかし、それでは余りにも快適な住環境の基準が低いといえないだろうか?そこに自身が一生懸命エネルギーを注いで働いたお金を投資してよいのだろうか?

複数棟建てても明るい、採光も採風も満足ゆく、住む人に嬉しい構造計画された住宅「casita」。

戸建賃貸「casita」の場合、注文住宅で一面ガラス張りという程の窓はないが、マンションにくらべて決して引けを取らないくらいに、遮光も採風も十分確保されている。

戸建賃貸の購入を考えている方は、たくさんある戸建賃貸の商品のなかでも建築基準法によるデメリットが生じないような商品を、価格・仕様・デザインとしっかり吟味した上で選んで頂きたい。

 

住むにしても、貸すにしても「人が快適に過ごせる」ことが、住宅における最低限の条件であり、最高の条件のように思う。そしてなんといっても「住む人にとって優良な住宅・快適に過ごせる住宅」を建てることこそが戸建賃貸運営の成功への近道だ。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。