casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで、お客様が必要な形、必要な部屋数でつくる家。

feature

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。