worldarchitecture

読書の街・シアトルに現れる衝撃的なレム・コールハース率いるOMA設計の中央図書館。

高所得者層や学生が多いからなのか全米の中でも高い読書量を誇り、本を読む文化が根付いている街・シアトル。街を歩けば多くの本屋があり、その品揃えも驚くほどに多い。

そんなシアトルのダウンタウンの南側に2004年にオープンしたシアトル中央図書館がある。レム・コールハース率いるOMAが設計したその図書館は洗練されたオフィスビルが立ち並ぶシアトルのダウンタウンにあっても異彩を放っている。

ダイナミックな形が圧倒的な存在感

シアトル中央図書館はダウンタウンの一区画そのまま使うほど大きい建築。菱形のフレームとガラスのスキンに覆われた複雑でダイナミックな形状が圧倒的な存在感を表している。複雑な多面体の形状は確かに存在感はあるが、大きく飛び出したりくびれたりしているため、視線が抜ける場所もあり圧迫感はない。

むしろ空やダウンタウンの摩天楼を反射して軽やかな印象にも思えてくる。

シアトルの急な傾斜の坂に建っているため西側のエントランスは1階、東側から入ると3階になっている。

公園のような明るく開放的な空間が広がる

内部は菱形のフレームとガラスのスキンが自然光を取り込み、公園のような明るく開放的な空間が広がる。例えば、3階の3層吹き抜けの空間は、斜めになったスキンに囲まれていて天井の存在を忘れて外部空間のような雰囲気。このスキンは採光と同時に空調のコントロールや副的な構造の役割も担っている。

ランダムに本を積み重ねたようなヴォリュームの隙間にできた空間が複雑につながっている。

10階フロアを訪れるとダウンタウンの摩天楼を間近に眺めることができ、内部にいながらにして空中庭園のよう。

スキップフロアでつながる空間

ランダムに積み重ねた本にスキンを纏ったコンセプトのシアトル中央図書館は、それぞれのフロアがスキップフロアのように複雑につながった空間となっている。1階や3階、10階の大きな吹き抜けのある空間以外の、どちらかと言えば閉じた空間もスロープや階段で微妙にズレながらつながっている。

色々な場所に読書や仕事、勉強のための空間が割り当てられていて、ユーザーが好みの居場所を見つけて過ごすことができる。

場所ごとに異なるインテリアデザイン

スロープでつながってはいるもののフロアによって全く異なるインテリアデザインになっている。例えば、本を大量に所蔵するスペースでは、自然光をできる限り遮り光をコントロールしながらも明るく感じるインテリアになっている。

2階のミーティングルームなどが入るフロアは真っ赤な内装で有機的な曲線を使ってデザインされている。

 

OMAとレム・コールハースはシアトル中央図書館の設計にあたり、本を所蔵するための図書館からもっと公共的な機能を持った建築を目指した。公園のように開かれた空間ではユーザーが思い思いの場所を見つけ、本だけでなく様々なメディアに触れている様子を見ると、その新しい図書館の機能が実現しているように思えた。

Seattle Public Library-Central Library – シアトル中央図書館

開館時間:10:00~20:00 (土日祝日~18:00)
電話:+1 206-386-4636
URL : http://www.spl.org/locations/central-library
住所:1000 4th Ave, Seattle, WA 98104 USA

大前洋輔

大前洋輔

空間だけでなく色々なモノやコトのデザインをしています。

建築と美味しい食べもの、南の島々を探しによく旅に出ます。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。