housebuilding

今話題の「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」って何ですか?

最近テレビやインターネットで話題になっている「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」。「ZEH」は「ゼッチ」と読みます。住宅の外側の断熱性能などを大幅に向上させ、効率的な設備システムや再生可能エネルギーを導入し、質の高い室内環境を整え、大幅な省エネルギーを実現した上で、年間を通して一次エネルギー消費量の収支がゼロまたは黒字化を目指した住宅のことである。

快適な暮らしと地球にも優しい暮らしを実現する住宅

Via : 経済産業相

ZEHはゼロ・エネルギー・ハウスという意味が含まれていますが、生活するには冷暖房を使ったり、テレビや冷蔵庫、洗濯機など生活家電を使ったりと使うエネルギーがゼロになるわけではありません。高気密・高断熱の住宅性能や高性能な設備で使用するエネルギーを極力減らしながら、太陽光発電などでエネルギーを創り出し差し引きゼロかエネルギー供給がプラスになるように促します。

それにより今まで以上に快適で豊かな暮らしを送るとともに、環境負荷の少ない地球にも優しい暮らしを実現する住宅を実現可能にします。また地球に優しいということは、家計にも優しいので生活する人にとって非常に有益。それがZEHなのです。

住宅そのものの省エネ化がカギ

ZEHのイメージ | Via : 経済産業相

東日本大震災後、原子力発電が停止し電力需給の逼迫やエネルギー価格の不安定化などを受けて、企業だけでなく家庭での省エネ努力や化石燃料に依存しない新らしいエネルギー源の開発などが急務になっています。

外壁の高断熱化だけでなく窓やサッシの性能を上げた上で、新しいエネルギー源である太陽光発電だけでなく高効率な給湯器や空調を使いエネルギーロスを極力減らすことでできる限り自立した住宅を目指したのがZEHです。Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)、いわゆるHEMS(ヘムス)と言われるエネルギー管理システムもその一環です。

2020年には新築の半数がZEH(ゼッチ)に

現在政府として2020年に新築戸建て住宅の半数以上を「ZEH」化する目標を掲げ普及に努めています。東京オリンピックの後には、ZEH(ゼッチ)が新築戸建て住宅の標準として挙げられる訳です。

そのためにハウスメーカーや工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等を「ZEHビルダー」として公募、登録し、屋号・目標値等の公表し、昨年よりZEH支援事業(補助金制度)を活用し目標を宣言・公表させています。現在、全国のハウスメーカー、工務店を中心に6,000社以上がZEHビルダーとして登録しています。

 

ZEH(ゼッチ)は単に電力の安定供給や省エネといったものだけでなく、なかなか歯止めの効かない地球温暖化の対策をも視野に入れています。生活に関する色々なことを我慢するのは非常に難しいですが、無理なく快適に暮らせる住宅に住んでお財布にも優しいのですから、これから建てるマイホームはZEH化させても損はないはずです。補助金などの優遇制度もあるので検討してみてはいかがでしょうか?

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。