casita

少ない自己資金だからこそ戸建賃貸住宅での不動産投資が有利な5つの理由。

書店に行くと不動産投資の本が数多く並んでいるが、戸建賃貸住宅での不動産投資本が少ないこともあり、土地を持っていたら良い投資方法だと思われている。土地を持っていないと土地取得のお金が余分にかかってしまうと考え、自己資金の乏しい人だと尻込みしてしまうこともあるだろう。

だが、少ない自己資金だからこそ戸建賃貸住宅での不動産投資が有利なこともある。

1.アパートなどに比べてリーズナブルなイニシャルコスト

日本の典型的な2階建てアパート

例えば、大きな土地があったとしてもアパートやマンション、商業ビルなどを建てようとするとそれだけでもイニシャルコストが大きくなる。土地がない場合などは担保もないので借り入れできるお金も限られて来るだろう。

また、アパートやマンション、商業ビルなどを建てようとするとそれが可能な土地は限られてくる。その点、土地はコンパクトでも一戸建てが建てられれば良いわけだし、コストパフォーマンスの良い一戸建ての物件を選んで建てれば良い。古い戸建物件をリノベーションするという手もある。

2.メンテナンスによるランニングコストが少なくて済む

アパートやマンションで予想外にお金がかかってしまうのが、階段や廊下、エレベーターなどの共有スペースのメンテナンスだろう。アパートやマンションでは複数の世帯が出入りするので、こまめに共有スペースの掃除が必要だったり、設備も劣化しやすかったりとメンテナンスによるランニングコストがかかってしまう。これらのメンテナンスを怠れば、物件自体の価値を下げてしまって入居率も落ちてしまう。

その分、戸建賃貸住宅には共有部分というものがないので、貸してしまえば借りての専有部分に何かあった時だけの対応で済むのでランニングコストもかなり抑えられる。

3.ワンルームマンション経営よりもリスクが少ない

ワンルームマンション経営は、少ない資金で始められるため手軽に始められるので人気がある。しかし、幾度も記事で紹介している通り、空室率が高くなることや今後値崩れするリスクも高いためお勧めできる投資方法ではないのが事実。そうなってしまったら売却するのも難しい。

その点戸建賃貸住宅は需要が高い割に供給が少ないので、クオリティとコストパフォーマンスが高い物件であれば確実に利益を生むし、売却時も安心だ。複数棟持っていても1棟づつ切り売りもできる。

4.1棟づつ着実に拡大することができる

1棟づつ切り売りができるリスク対策の反対に、1棟づつ着実に拡大して利益を拡大していくことが可能なのも戸建賃貸住宅のメリットだ。小さく始めて大きく育てることが可能。隣の敷地があればそのまま増やし、なければ全く別の土地に増やしていくことも可能だろう。

5.事業ローンを組める可能性がある

戸建賃貸住宅であれば、一見普通の住宅ローンを組んで買うように思うかもしれないが、不動産投資なので事業ローンで始められる。戸建賃貸住宅は、需要が高い割に供給が少ない状態なので、事業計画書も書きやすいだろう。確実に利益を出せれば、棟数を増やしてさらに拡大することもできる。

 

いかがだっただろうか?

少ない自己資金だとしても、アパートやマンション、商業ビルのように大きなお金が必要なものやワンルームマンション経営などのリスクの高い不動産投資よりも、戸建賃貸住宅の方が確実で優位性が高いことがわかったかと思う。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。