glamping

静岡県沼津市に泊まれる公園「INN THE PARK(イン・ザ・パーク)」がオープン!

住宅、オフィス、公共空間のリノベーション等を手掛ける馬場正尊率いるオープン・エーは、静岡県沼津市の旧沼津市立少年自然の家跡地で、敷地面積9,000㎡の広大な自然環境を活かした複合施設“ 泊まれる公園”「INN THE PARK(イン・ザ・パーク)」を開業する。

泊まれる公園がコンセプトの「INN THE PARK(イン・ザ・パーク)」

「INN THE PARK(イン・ザ・パーク)」は「泊まれる公園」がコンセプトとする公園一体型宿泊施設。静岡県沼津市内で長年市民に親しまれ、2017年3 月に惜しまれつつその運営を終了した青少年向け自然体験施設“沼津市立少年自然の家”。跡地を活用し、新たな視点でリノベーションを加え、快適性とエンタテインメント性を併せ持つ施設として生まれ変わった。「INN THE PARK」は宿泊や飲食、自然体験アクティビティの3 つの要素を組み合わせた複合施設になる。

旧施設の少年自然の家で受け入れてきた子供たちだけでなく、大人・ファミリー層も楽しめるスポットとして、県内外から広く集客を期待している。

外遊びを満喫できるグランピング施設へ

自然豊かでいろいろなアクティビティや外遊びが展開されるグランピング施設となる「INN THE PARK」は、地元住民の方々には日常の中で特別な体験ができる機会を設ける。首都圏居住者には、約1.5 時間のアクセスの良さを生かし、気軽に非日常を体験できる場となる。

豊かな自然や公園内のアクティビティを楽しみたいファミリー層やカップル、友人同士など、感度の高い層の利用を想定。地元住民のみならず、首都圏からも沼津に訪れてもらうきっかけとし、地域や世代を問わずアクティブで好奇心旺盛な人たちに来訪してもらうことで、地域や世代を超えた交流が生まれるような運営を行う。

既存の宿泊棟の建屋を活かしつつ、内装をリノベーション。ゆったりと滞在できるよう快適性を高める工夫を随所に加えた。また、公園の森の中に球体型テントを4 棟新設。まさに自然と一体となり、公園に宿泊する体験ができるエリアを楽しむことができる。

管理棟として運営されていた建屋内を改修し、サロンとカフェ(予定) を設置。これらの施設は宿泊者への朝夕の食事提供だけではなく、将来的には一般のゲストにも解放予定だ。

“少年自然の家”の開業時に提供されていた星空観察、野草・山菜の採取調理、昆虫採集などの自然体験アクティビティはだけでなく、写真教室、ヨガ、アロマ、ネイチャークラフトなど地元の有識者や講師を招いたワークショップ、地元生産者と連携したマルシェ、飲食店と連携したケータリングイベントや料理教室等多様な展開を予定している。

 

「INN THE PARK」は、当該施設のリノベーション以外にも、沼津市と協議し設置許可等を得ることで、公園敷地内にテントや移動式カフェを新設したり、芝生広場を利用したイベントを開催したりと様々な事業を展開する。

宿泊料金は、宿泊棟は1 棟貸切で¥50,000(税別)、他にも森の中に浮かぶ球体型のドームテントが¥16,000(税別)、吊テントが¥20,000となっている。2017 年10 月7 日のグランドオープンに向けて既に宿泊予約を受付けている。

INN THE PARK – イン・ザ・パーク

URL : https://www.innthepark.jp
住所:静岡県沼津市足高220-4

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sky

光に、風に、星に、一番近い場所。

屋上をデザインすることで、住まいとライフスタイルに新たな価値が生まれます。