worldarchitecture

アルプスの山々に囲まれたスイスの街・クールでピーター・ズントーの建築に出会う。

美しいアルプスの山々に囲まれ、古代ローマ時代から続くスイス最古の街の一つ、クール。それほど大きな街ではないが、美しい自然に囲まれ、古い街並みが細い路地に続いている趣のある街である。

ピーター・ズントーの作品である「ヴァルスの温泉施設」や「聖ヴェネディクト教会」の最寄駅は、この街の中心地にあるクール駅から電車で30分~1時間くらい。彼のアトリエもほど近いためか、クールにはピーター・ズントーの作品も多い。

モダンでありながら土着的な雰囲気を纏った「マサンスの老人ホーム」

クールの郊外の自然が豊かで眺めも良い場所に建つのは、キリスト教副音派が運営する「マサンスの老人ホーム」だ。21戸ある住戸は共有スペースなどを有して緩やかに繋がっている。水平垂直のモダニズム建築でありながら、コンクリートや石、木といった素材の使い方が絶妙。単純明快な構成のファサードが、モダンでありながら土着的な雰囲気を作り出している。階高いっぱいに作られた木製建具は、経年変化によって良い風合いが出ている。

ピーター・ズントーらしい地元の建材を使ったヴァナキュラーな建築であり、老人ホームでありながら高級ホテルのような品格を持っている。

Residential home for the elderly  – マサンスの老人ホーム

住所 : Cadonaustrasse 69、7000 Chur

 

機能的であり経年変化が美しい「ローマ遺跡発掘シェルター」

木製のルーバーで覆われたファサードを持つ「ローマ遺跡発掘シェルター」は、ローマ時代の遺跡を保護するためのシェルターとしての建築である。ルーバーは常に新鮮な空気を取り入れる機能的な側面もあり、経年変化でグレーに変色している。ファサードから飛び出す形で設置されたエントランスがお洒落。夜は照明のような感じに光が漏れてくる。

遺跡の展示部分は半地下になっていて、通路や階段などはピーター・ズントーらしく緻密で繊細なデザインになっていておもしろい。

Shelter for Roman Ruins – ローマ遺跡発掘シェルター

住所 : Seilerbahnweg 23, 7000 Chur

 

古い建物をリノベーションした「クール・ビュンドナー美術館」

残念ながら改装に伴い有名な渡り廊下は撤去されてしまったが、クール中心部にあるクール・ビュンドナー美術館のリノベーションはピーター・ズントーの設計だ。

渡り廊下同様に木のルーバーが繊細な印象を与えている。

Bündner Kunstmuseum – クール・ビュンドナー美術館

開館時間 : 10:00~17:00
休館日 : 月曜日
電話 : +41 81 257 28 70
URL : http://www.buendner-kunstmuseum.ch
住所 : Bahnhofstrasse 35, 7000 Chur

 

クールにあるピーター・ズントーの作品は、モダンでありながら古い街並みにも馴染む興味深い建築だった。「ヴァルスの温泉施設」や「聖ヴェネディクト教会」など神秘的な建築だったが、それらとともに緻密で繊細なデザインが街並みとともに何十年、何百年も続いて行きそうな雰囲気がある。

大前洋輔

大前洋輔

空間だけでなく色々なモノやコトのデザインをしています。

建築と美味しい食べもの、南の島々を探しによく旅に出ます。

casa rozzo

シンプルな美しさの中に”あなたらしさ”が宿る家。

「simple but yours」住む人”らしさ”が、この家の主役です。