resort

京都・嵐山で日本の伝統を体験する和のリゾート「星のや 京都」で過ごす極上休暇。

日本で最も人気のある観光地と言えば古都・京都だろう。日本人だけでなく日本を訪れる多くの外国人にとっても絶大な人気があり、現在では多くの訪日外国人で溢れている。その京都の中でも日本的な橋や建築、四季を感じる自然が美しい京都嵐山に、星野リゾートによるラグジュアリーホテル「星のや 京都」がある。

四季の移ろいを愉しむレセプション

「星のや 京都」では、渡月橋からほど近い船着場から専用の小船に乗り込むところからその体験が始まる。四季の移ろいを感じる大堰川を遡ると、まるでタイムスリップしたかのような非日常な体験をすることができる。ここではレセプションから一つの旅を感じさせてくれる。

レトロなテイストの小舟は窓が大きいので、15分ほどの移動の中で川沿いの風景を存分に愉しむことが可能だ。

京都の伝統とモダンが調和する空間

現在の京都の中でも最も京都らしい場所の一つとも言える「星のや 京都」。コンセプトは千年の都につくられた「水辺の私邸」。

約100年前に建てられた旅館をリノベーションした数寄屋造りの建築は、京都の伝統とモダンが調和する空間になっている。また、庭園や自然と建築が一体となってその世界観を作り出す。長谷川浩己氏がデザインし、植彌 加藤造園が造園した2つある美しい庭園は、どちらも京都らしい「小宇宙」を意識して作られている。

大堰川を眺めながらお茶をすることができる空中茶室は、清流のせせらぎや小鳥のさえずりなど自然を優雅に楽しむことができる。静けさがあるからこそ、自然の様々な音が感じられる。

伝統的でモダン。相反するような二つの要素は、日本が本来持っていた性質だ。それを体験できるのがここ「星のや 京都」でもある。館内のどこを歩いても、自然と人工の美しい対比を感じる日本建築や日本庭園の良さがある。

ライブラリーラウンジでは、渓流を眺めながら読書しながらお茶を楽しむなどゆっくりとした時間の流れを感じることができる。

全室自然を感じるリバービュー

25室ある客室は、景観保護指定区になった大堰川の渓流に面していて、すべてリバービュー。東利恵氏がデザインし、京都の熟練した職人が作り上げたインテリアは、静寂の中にある美しさを表現。繊細に作られた機能的な建具や家具などにより、伝統的でありながら快適な空間が実現されている。伝統的な建築から四季の移ろいを愉しむことができる贅沢な空間だ。

桂離宮や寺院、茶室などにも使用され、平安時代から生産されていた京唐紙を仕上げに使った壁や、老舗・三浦照明がてがけた和の空間にふさわしい「灯り」と呼べる照明など、随所に伝統的で気品がある設えが施されている。静かな空間で自然と伝統的な美を愉しむことができるだろう。

 

「星のや 京都」では、日本の旅館らしく客室で食事を取ることができるが、併設されたミシュラン1つ星を取得した会席料理を提供するダイニング「五味自在」があったり、京都市内の有名な料亭と提携していたりと「食」の部分でも存分に京料理を満喫することができる。また、世界遺産の寺院や京都ならではの風景を巡りながら嵐山の名店でランチを楽しむ「人力車でいく名店ランチ」も好評。夏は朝食に出される京都名物「鱧鍋(はもなべ)」が、暑い京都を楽しむ活力を与えてくれる。

静寂の中で優雅に過ごす和のリゾート「星のや 京都」での滞在は、本来日本人が持っていたあなたの五感を研ぎ澄ます。都会の喧騒を忘れる極上休暇は、現代で最も日本的な体験をすることができる場所ではないだろうか。

星のや 京都

電話:0570-073-066
URL : http://hoshinoyakyoto.jp
住所 : 京都府京都市西京区嵐山元録山町11−2

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa amare

日本の伝統美を手本にした

「受け継がれる家」