worldarchitecture

おおらかなオランダの風を感じる、世界初の発想。 MVRDVが手がけた、アムステルダムのロイドホテル。

Photo: Gianni Plescia

オランダ最大の都市であり、町中を走る運河が美しい、水の都アムステルダム。

再開発が進む東側の港湾エリアに、2004年、オープンしたロイドホテルは、世界中の人が行き交う港町らしい、斬新かつ柔軟なアイデアで作られたホテルだ。

1つ星から5つ星までの部屋を備える、世界初のホテル。

Photo: Gianni Plescia

煉瓦造りの重厚な建物は、1921年、ロイド船舶会社が900人収容のホテルとして作ったものだ。1935年にロイドが倒産したあとは市の所有となり、ナチスドイツに追われたユダヤ人を匿うキャンプ、刑務所などを経て、1989年までは少年院として使われていた。

その後、アーティストのスタジオなど、様々な歴史を経て、2004年、オランダの建築家集団MVRDVの手によってホテルとして再生。そのコンセプトは、1つのホテルの中に1つ星から5つ星の部屋を作るという、全く新しいものだった。

国籍も年齢も異なる人が、ひとところに集まる。

Photo: Gianni Plescia

MVRDVは、1993年にロッテルダムで結成された、オランダ現代建築を代表する建築集団。

国土面積が小さく住宅密度が高いオランダだからこそ生まれる、空間を最大限に生かす斬新なアイデア、奇抜なようでいて周囲の景観や歴史、機能を綿密にリサーチした都市計画や建築で知られる。

Photo: Gianni Plescia

全てが異なるサイズとインテリアの全117室。しかし、注目したいのは、1つ星から5つ星まで、全てのカテゴリーの部屋を同じフロアに混在させているという点だ。

そして中央には、地階から屋根まで吹き抜けの大きなパブリックスペースを作った。

Photo: Gianni Plescia

「大会社のCEOと、若いバックパッカーが同じ場所をシェアする。国籍も年齢も、バックグラウンドも異なる人たちが文字通り一堂に集まり、出会うーそれこそが、このホテルのコンセプトなんです」とプレス担当はにっこり。

117室、オランダデザインがいっぱいの、全て異なるインテリア。

5つ星の部屋 Photo: Gianni Plescia
3つ星の部屋 Photo: Gianni Plescia
5つ星の部屋 Photo: Gianni Plescia
5つ星の部屋 Photo: Gianni Plescia
5つ星の部屋 Photo: Gianni Plescia

1つ星は、バス・トイレは共有だが、そのぶん部屋が広く感じる無駄のない作り。

2つ星は、デザインはそれほど凝っていないが、逆にお客の手に委ねられている、とも言える。

3つ星は、広めの空間を、オランダの有名デザイナーが手がけている。

4つ星は、歴史的な建築を生かし、かつモダンなデザインが魅力。

5つ星は、7人用ベッド(!)がある部屋や、100人収容の会議室としても使われる部屋など、広さもさることながら、個性豊かだ。

プラットフォームの役割を果たすカフェレストラン。

Photo: Gianni Plescia

レセプション部分はいたって小さく、カフェレストランになっている吹き抜けのパブリックスペースへとつながっている。

地元の素材を使った料理が評判のこのレストランは、朝食ブッフェがアムステルダムっ子にも人気。食事だけでなく仕事場として使っている人も多い。宿泊客だけでなく様々な人が集まるプラットフォーム的な役割も果たしているのだ。

 

家具はアンティークから最新デザインまで全てがオランダの作家の手になるもので、50人以上が関わった。ランプなどはレストランの一角にあるショップで販売もしている。

世界中のクリエイターの交流の場に。

Photo: Gianni Plescia

また、「ホテル&カルチュラルエンバシー」という名前のとおり、世界各国のクリエイターたちに、発表や交流の場も提供している。

階段の壁には、ロイドホテルの歴史を語る写真などの展示が。ホテル全体を使ったイベント、講演会やコンサートなども開催。2016年からは、日本の工芸品やプロダクトを紹介する「MONO JAPAN」の会場ともなっている。その時に作られた茶室は、客室の一つに加わった。

お客も、デザインに参加。おおらかな雰囲気に包まれて。

Photo: Gianni Plescia
Photo: Gianni Plescia

空間を広く使うための工夫もそこここに見られる。

部屋にはベッド以外の家具や収納がほとんどなく(グランドピアノが置かれている部屋など例外もあるが……)、その代わり廊下に置かれた家具を、好きなように部屋に持ち込み、使ってもよい。

お客は、自分の好きなように、部屋をデザインし直すことができるのだ。

デザインホテルと肩肘を張ることもなく、誰でも受け入れてくれる、文字通り、風通しのよい作り。

全てにおいて、まさに、アムステルダムという街を体現するホテルといえるだろう。

Lloyd Hotel & Cultural Embassy – ロイドホテル&カルチャラルエンバシー

TEL : +31(オランダ) 20-5613607
URL : http://www.lloydhotel.com/
E-mail : post@lloydhotel.com
価格 : (シーズン、部屋によって変動あり)一泊一室 65€〜
住所:Oostelijke Handelskade 34 , Amsterdam, 1019 BN, Netherlands

text by Hideko Kawachi

河内秀子

河内秀子

2000年からベルリン在住〜

ベルリン美術大学在学中からライターとして活動。雑誌『Pen』や『料理通信』『Young Germany』などでもベルリンやドイツの情報を発信。

casa rozzo

シンプルな美しさの中に”あなたらしさ”が宿る家。

「simple but yours」住む人”らしさ”が、この家の主役です。