cube

北欧デザインとの調和が特徴的な埼玉県久喜市に建つ「casa cube」

今回は、埼玉県久喜市に「casa cube」を建てた石橋さんのお宅にうかがいました。「casa cube」のデザイン性の高さと、こだわりのインテリアが見事にマッチしたすてきなお家です!

もともとは東京でマンション暮らしだったという石橋さんご一家。長女の陽茉莉ちゃんが生まれたのを機に、生まれ育った埼玉県・久喜市に戻ることを考えたそうだ。

「インターネットでいろいろ検索しているうちに、“casa cube”のサイトに辿りつきまして。で、ちょうど近くにモデルルームがあったので見に行ってみたんです」と、ご主人の一興さん。

モデルルームの玄関を入り、リビングに足を入れた瞬間「吹き抜けが最高!」と一興さんは思ったそうだ。一緒に行っていた奥さまの理世さんは次のように感じたという。

「まず外観が真っ白で、四角で、正面に窓がなかったので、中はいったいどんなかんじなのかなと思ったんですけど、中に入ると想像していた以上に明るいお家で。空間の、真っ白い印象もすごく気に入りました。二階に上がらせていただいて、上から階下の空間を見下ろした瞬間、ここに決めよう!と思いました(笑)」

とても贅沢な時間

リビングやダイニングはもちろん、家のあらゆる空間に、すてきな北欧の家具がレイアウトされている。理世さんがおっしゃるところの「真っ白い空間」に、北欧の家具が見事に調和している。

「もともと北欧の家具が好きで、そうした家具に合う家ってどんなのかなって探していたんです。建築家にお願いして時間をかけてつくっていくというのも考えたんですが、この“casa cube”の存在を知ったら、既存の物でこんなにかっこいい箱があるんだったら、もうこれで十分だなと。自分たちのインテリアの感覚にぴったり合うな、と思ったんです」と一興さんは話してくれた。

そして理世さんは実際に住んでみて、こんなことを感じているそうだ。

「お昼ぐらいになると、ダイニングがすごく明るくて、週末のランチの時間は本当に明るいので、普通に家族でとるランチなんですけど、とても贅沢な時間だなあ、と思うんです。キッチンの収納力もすごくて、家具と同じく食器もたくさん持っているんですが、全部ビシッと入って、スッキリ収まっています。眺めていて気持ちがいいキッチンなので、キッチンから続くこのダイニングのエリアは、私が本当に好きな場所です」

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家