casitanews

千葉県佐倉市が首都圏で初めて戸建賃貸住宅限定の家賃補助制度を導入。

東京都心から約1時間、千葉県の北部に位置し快適な住環境と豊かな自然が同居する佐倉市。生活スタイルに合った住替えを容易にしたり、行政機能を民間企業が運営したりと、近年ユーカリが丘などコミュニティ作り重視のまちづくりが注目を集めている街である。その佐倉市が今年から首都圏で初めて、戸建賃貸住宅限定の家賃補助制度を導入した。

戸建賃貸による不動産投資に有利か

今回導入された家賃補助制度は、18歳未満の子どもを育てている世帯または夫婦どちらかが40歳未満の若者・子育て世代が新たに戸建て住宅を賃貸契約した場合に適用される。金額も月額家賃の1/3(上限2万円)を最長24か月補助と手厚い。

この制度により、戸建賃貸住宅による不動産投資に非常に有利になる。アパートやマンションに比べて、もともと希少である戸建賃貸住宅は人気がさらに集まり、入居率もさらに高まるだろう。

古民家のリノベも視野に

戸建賃貸住宅の家賃補助制度以外でも、中古住宅のリフォームへの支援、新婚引越しの費用補助、空き家バンク賃貸登録物件リフォーム補助、親世帯と子世帯の近居・同居住み替え支援など、さまざまな補助・支援制度が充実する佐倉市。

例えば、空き家バンク賃貸登録物件リフォーム補助を使った場合、空き家バンク登録物件(賃貸物件)を所有者または賃借人(利用者)がリフォームする場合、費用の2分の1、最大30万円の補助金を交付される。これにより古民家をリノベーションして価値を高める手法なども有利になる。

ライフスタイルの変化による引っ越し費用補助

また、新婚引越しの費用補助もあるため住み替えを行う世帯の数も一定数いるに違いない。その時に、新築の戸建賃貸住宅などがあれば、高い入居率を期待できるだろう。特にクオリティの高い、例えばcasita(カシータ)のような魅力的な戸建賃貸住宅があればさらに良いだろう。

 

佐倉市では、今後もユーカリが丘以外での都市開発が期待されるため、投資対象として評価が上がる可能性がある。東京都心へのアクセスも良好であることも一つの要因。人口一定数の佐倉市への転入も期待できるかもしれない。また管理の面でも、ランニングコストの少ない戸建賃貸住宅であれば、アクセスも容易なため東京都心に住みながら運営しやすい。

居住者にメリットがある色々な制度があるため、不動産投資にも多面的に有利。ここ佐倉市で戸建賃貸住宅による不動産投資を検討してみてはいかがだろうか?

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。