cago

小屋やタイニーハウスは四角や家型だけじゃない。ユニークな形をしたスモールハウス5選。

小屋やタイニーハウスというと、四角だったり家型だったりほぼ決まった形のものを想像するだろう。無印良品の小屋も家型だし、モバイルハウスとして運ぶことも考えられたスノーピークの重箱も四角い。デザイン的にも家型は小屋の印象を強くするし、構造や施工的にも四角い方が良いということが理由としてある。

だが、世界を見渡すとどうやらそれは思い込みなのかもしれない。普通は想像できない、ユニークな形をしたスモールハウスがあった。

木のロールケーキのような「書斎小屋」

Platform 5 Architects物置小屋の写真はこちら – Houzz

ロンドンにある住宅の裏庭に建つロールケーキのように丸く、有機的な形をした小屋は庭仕事用の小屋と書斎を兼ねている。shed(小屋)とoffice(オフィス)を掛け合わせて「ショフィス」という愛称が付けられ、母屋とは全く異なる曲線的なフォルムの彫刻的な作品となった。巨木を削り出したようなその空間には手前に書斎、奥に庭仕事用道具を収納する場所があり、小さいながらも機能的だ。トップライトや正面の開口部が開放的で明るい空間を作り出している。また、正面に突き出したテラスは子供の遊び場にもなっている。

参考 : https://www.houzz.jp/ideabooks/50684289/list

UFOのような未来的デザインの「フトゥロ」

Chris Snook住宅のエクステリアの写真はこちら – Houzz

1960年代にUFOのような近未来デザインが人気を博し、世界中に作られたスモールハウス「フトゥロ」は、フィンランドの建築家マッティ・スーロネンが設計した。アポロ計画のニール・アームストロング船長が月面に降り立った1969年7月に発売され、宇宙時代の幕開けを象徴するようなデザインだ。

組み立てや分解を容易に行うことができ、斜傾地など地面が不安的な場所でも設置ができるように設計されているので、スキー場などのレジャーシーンで活躍する。

参考 : https://www.houzz.jp/ideabooks/66820481/list

大地から生えてきた生物のような小さい家

Torsten Ottesjö住宅のエクステリアの写真はこちら – Houzz

大地から生えてきたような生物のようにも見えるかわいいこの家は、スウェーデンの都市で生活する夫婦が週末や長期休暇のときに利用するウィークエンドハウスとして作られた。鱗のような外壁を持ち、周囲と緩やかに調和しているだけでなく、内部空間も外観からは想像もつかないほど豊かにデザインされている。

設計者である建築家トルステン・オッテスジョは「角張っていて、使えない空間がたくさんある家、よくある、ただ物を詰め込むだけの家にはしたくなかったのです」と話していて、住み手の発想の転換も求められる。ただ、柔軟な発想やフレキシブルな考え方の住み手には非常に心地が良さそうな空間になっている。

参考 : https://www.houzz.jp/ideabooks/51120018/list

自然と一体になる感覚で過ごす「ドームハウス」

スコットランドの森の中に佇む、SF映画の住宅のような形の「ドームハウス」は、自然と一体になる感覚で過ごすことができるウィークエンドハウスだ。その近未来的なフォルムの割には、昔からそこにあったかのように感じられる素朴な存在。グランピングの感覚で使うこのドームハウスのオーナー、ジム・ミリガン (Jim Milligan) 氏は、自然の中で過ごす贅沢を重要視し、エコな感覚や環境への配慮、家具セレクトのセンスも持ち合わせる。イームズのラウンジチェアとオットマンなどミッドセンチュリーの家具や眺めのいい露天風呂、綺麗な雑貨などが空間を彩っている。

参考 : https://www.houzz.jp/ideabooks/52284372/list

隈研吾がデザインする「グランド・サード・リビング」

昨年の「HOUSE VISION(ハウス・ヴィジョン)」で隈研吾がデザインし、TOYOTAとのコラボレーション作品「グランド・サード・リビング」は実験的な取り組みのテントでありながらおもしろい空間を作り出していた。軽くて強い炭素繊維の骨と丈夫で風を通さない繊維でできた膜が植物のようにも見えるテントになっている。また、TOYOTAのソーラー充電システムにより太陽光発電もできる省エネルギーのクルマから電源を取り、オフグリッド化するという発想も新しい。

参考 : 「casa建築家シリーズの五十嵐淳氏や長谷川豪氏も出展「HOUSE VISION 2」リポート後編。

 

四角い小屋もモダンでかっこいいし、家型も安心感があっていいが、折角新しいライフスタイルのために購入するスモールハウスだから、こんなユニークなものを選んでみるのもいい。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。