casita

不動産経営の重要ポイント、高利回りをキープするcasitaが「長期優良住宅」であるメリット。

「賃貸」というと、ひと昔まえであれば集合住宅が主流だったが、ここ数年で戸建の賃貸物件の需要が高まってきている。プライバシーや、パーソナルスペースの確保、またファミリー層であれば周辺環境の利便性から、土地の条件や立地条件に集合住宅よりも柔軟性があるなど人気の理由はさまざま。

その中でも「casita」は、入居者の住居年数が長く格段によい利回りが注目を集める。その理由の一つに「長期優良物件」であることがあげられる。

住宅・環境・住む人のことを考えた「長期優良物件」。

「長期優良物件住宅」とは、建物を建てて終わりの “ 使い捨て ”のスタイルではない。数世代にわたり、長く住むことを考え劣化対策などに拘った家だ。住宅の寿命を延ばすことで解体による環境負担を減らすだけでなく、不動産としての資産価値を高めていける住まいのことだ。

住宅の劣化が早かったり、快適な室温で暮らせない、ランニングコストが高いようでは長期的に見て快適な住宅とは呼べない。また、省エネに配慮した住宅でなれば環境にとっても本当の意味でも“良い住宅 ”とは言えない。

「長期優良物件住宅」の具体的な機能の一つに、気密性や断熱性といった機能が施されている。カビや湿気などから住宅を守るだけでなく、冷暖房のランニングコストを抑え、快適な室温で暮らせるように配慮された住む人にも優しい住宅だ。

 「もしも」の災害対策とメンテナンスに考慮した安心して長く住める住宅。

長期優良住宅の認定基準では、地震大国日本ならではの耐震性についても厳しい基準が設けられている。性能表示壁量・壁の配置・床倍率・接合部・横架材・基礎などの耐震性を一定以上に設定され、震度6強の大地震の1,25倍の地震でも壊れないレベルの構造になっている。

人々の記憶は風化するが、これまでに起こった日本での地震災害を考えると、けして無視はできない。「もしも」に備えた配慮も安心して住まう住宅には必須条件と言える。

また、維持管理・更新の容易性などメンテナンスが容易であることも住宅を長い目で維持するには重要なポイント。マイホームでも賃貸でも、どんな住宅でも年と共に劣化してゆくため、何年かに一度は当然メンテナンスが必要になってくる。集合住宅とは違い大規模な修繕工事を必要とせず、リフォーム費用が安く数年経っても安心してすまえるのは貸して・借りて・住みてにとって嬉しい配慮だ。

多くの人に指示される住宅は「良い住宅」であるから。

「長期優良物件」は一定の要件を満たせば、固定資産税や登記代が安く済み、税制優遇された経済的に優れた住宅だ。また、売却時も「長期優良住宅」の認定を受けている物件はそれだけで “価値がある” ため賃貸物件市場でも他の住宅と「差別化」をはかることができる。

 

メリットが生まれるのは厳しい基準を満たした結果であり、その根底には “ 良い家 ” “長く住まえる家 ”という土台がある。「長期優良住宅」は、貸して・借りて・住みて「一つの不動産物件をどの視点からみてもメリットがある」からこそ最大のメリットが生まれるのではないだろうか。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。