さり気ない心遣いがちりばめられた、庭の木陰に佇むヨガ・スタジオ2017.04.22Sat

Via : http://www.neildusheiko.com/shadowshed

隣近所との庭の垣根が低いイギリスの住宅街では、庭小屋でも周囲との調和が求められます。じゃあ、庭にホーム・オフィスを建てたくなったらどうすればいいでしょう? しかも、ヨガ・スタジオとしても兼用したかったら? そんなクライアントの難しいオーダーを見事に実現させた、夢のようなガーデン・スタジオをご紹介します。

日本発の技術を用いた控えめな外観

Via : http://www.neildusheiko.com/shadowshed

こちらが、イギリスのカムデン(Camden)という場所にある古いビクトリアン・ハウス(主に19世紀のビクトリア朝時代に建てられた家の総称)の裏庭に建てられた小屋「SHADOW SHED」。ロンドンに拠点を置く建築デザイン・スタジオの「Neil Dusheiko Architects」がこの小屋をデザインする際に気を使ったのが、まず周囲との調和でした。建物の内部の必要な高さを確保しつつも、近隣の家への景観の影響も考え、床は庭の高さよりも一段低く作られています。そんな控えめな佇まいに、「SHADOW SHED」(影の小屋)という名前はぴったりです。

Via : http://www.neildusheiko.com/shadowshed

そしてこの外壁の黒さも、周囲の環境から悪目立ちしない理由の一つです。実はこの壁が黒いのは、木材を火で焼いているから。日本では「焼杉板」として古くから知られた技術で、木材を焼いて表面を炭化させることで耐久性を向上させる効果があるのだとか。それに加えて防虫効果や防腐効果があることでも知られています。雨の多いイギリスでは、嬉しい効能です。「焼杉板」は日本の西日本、特に瀬戸内海沿岸を中心に現在でも用いられていますが、日本発の技法が遠く離れたイギリスのビクトリアン・ハウスの庭でも使われるなんて光栄ですね。

半地下でも軽やかで開放感のある室内

Via : http://www.neildusheiko.com/shadowshed

黒い外壁と異なり、内装はシンプルな木目調。デスクも、腰かけられるベンチのような窓辺も、同じリサイクル合板パネルを使うことで室内の雰囲気が統一されています。本棚をデスクの上にビルトインすることで、ここでもイメージの統一と省スペースが兼ねられて一石二鳥ですね。

Via : http://www.neildusheiko.com/shadowshed

前述のように、この小屋は地下に床を埋め込むかたちで建てられています。けれど、視線を縦に流す縦長の窓と天窓をつなげることによって、室内の「地下感」が軽減されるのが分かります。床部分が地中に埋め込まれていても、重苦しさは全くありません。周囲への圧迫感の軽減と、室内の開放感の均衡が絶妙なバランスで取られているのです。その絶妙さゆえに、床が一段低くなっていることにも気づかないのではないでしょうか。

ONもOFFも、使い方は自由自在な「SHADOW SHED」

Via : http://www.neildusheiko.com/shadowshed

この小屋の持ち主の仕事は、実は精神科医。日中は、クライアントとカウンセリングを行うための診察室として使われています。明るくて落ち着いた環境の「SHADOW SHED」でなら、普段は口にできない気持ちも吐露することができるのではないでしょうか。

Via : http://www.neildusheiko.com/shadowshed

そうかと思えば、時には子どもの遊び場としても大活躍。室内がシンプルなので、子どもを安心して遊ばせることができます。庭にある秘密基地のような特別感は、子どもの遊び心も大いにくすぐりそうです。

Via : http://www.neildusheiko.com/shadowshed

そして夜は、精神科医であるオーナーが自分自身の内面と向き合うためにヨガを行います。15㎡と小ぶりな小屋ですが、一人でのびのびと手足を広げることができます。天井に散りばめられた小さなLEDランプの控えめな明かりが、心を鎮めるために一役買っています。灯りの使い分けができるのは、細かいようで非常にありがたい心配りですね。

Via : http://www.neildusheiko.com/shadowshed

夜間、外に漏れる明かりもやわらかく非常に控えめ。家から小屋まで行くための庭の足元を照らすライトは、ご近所の迷惑にならないよう低く設置されてるのも気が利いています。これなら、夜中でも好きな時に一人の時間を楽しめそうです。

Via : http://www.neildusheiko.com/shadowshed

2015年に、5か月の時間と35,000ポンド(2017年4月現在約480万円)の予算を投じて作られたこの「SHADOW SHED」。様々な心配りが行き届き、ONもOFFも自由自在に利用できるこんな夢のような場所なら、決して高い買い物ではないでしょう。もしかしたら気が付かないだけで、みなさんのご近所の庭の木陰にもひっそりとこの「SHADOW SHED」が佇んでいるかもしれませんよ。

 

Via:
http://www.neildusheiko.com/shadowshed
http://homeli.co.uk/shadow-shed-garden-yoga-studio-by-neil-dusheiko-architects/
https://www.architectsjournal.co.uk/buildings/neil-dusheiko-reveals-35k-timber-garden-room/10000510.article

feature

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。