skip

圧倒的に美しい建築「ルイ・ヴィトン財団美術館・Fondation Louis Vuitton」

一流ブランドが手がける美術館の中の一つに、パリの観光名所のとしても知られるルイヴィトン財団美術館「Fondation Louis Vuitton(フォンダシオン ルイ・ヴィトン)」がある。

現代アートを広めることをコンセプトに建設したこのミュージアムは、圧倒的に美しい建築デザインでも知られ世界中から多くの人々が訪れます。今回は、パリに行ったら必ず訪れたい美しい建築「ルイヴィトン財団美術館」をご紹介したい。

緑の自然の海原に一隻の巨大な船を思わせる、美しい外観。

2014年にオープンしたルイ・ヴィトン財団美術館「FONDATION LOUIS VUITTON(フォンダシオン ルイ・ヴィトン)」は、世界的に有名な建築家「フランク・O・ゲーリー」によって設計が手がけられたその美しい建築物は建築に興味がない方でも魅了するほど。

「ブローニュの森」の中に建てられた「ルイ・ヴィトン財団美術館」は建物をヨットや船に見立て、外観のガラスの膜がブローニュの森を反射し、森と建物が一体となり溶け込むというコンセプトの元デザインされたそう。そのイメージ通り、緑の自然の海原に一隻の巨大な船が異様な存在感を放っている。

ブランドヒストリーも織り込んだモダンなエントランス。

エントランスに向かうと「LV」のロゴがお出迎え。地下一階から地上4階までの建物はすべて展示室やオーディトリアムになっており、屋上にはランドスケープのようなテラス、パリの風景を堪能できる造りとなっている。

一階のカフェ入り口には「ルイ・ヴィトン」を象徴するトランクがディスプレイされており、モダンな中にブランドヒストリーも感じさせる造り。

希少なアート作品が並ぶホワイトキューブの内部空間。

館内は不定形なトップライトが設けられており明るく、大きなホワイトキューブが幾つもあり現代アートから、立体作品まで、さまざまなジャンルの現代アートが展示されている。

また、ここでしか見る事ができない財団が所蔵する希少なアート作品や、自らも現代アートのコレクターで知られる、LVMHグループの会長兼最高経営責任者、ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)氏の個人的なコレクションも展示されている。

最上階にはパリの街並みが360度見渡せる屋外テラス。

館内の最上階には、パリの街並みが360度見渡せる屋外テラスの外部空間が設けられており、植栽などもほどこされた公園のうようなこの空間は、晴れた暖かい日は、とても心地良さそうな場所。

テラスから見える階段状の滝や、水が張られた地下を覗き込むとこの建物が、巨大な船やヨットのイメージがより一層強くなる。ところどころ休憩スペースや屋外のアート作品にも触れる事ができるのでテラススペースまで楽しむ事ができる。

 

パリの街からは少し距離があるが、ぜひフランスを訪れた際には一度は足を運んでみていただきた。ガラスの膜に包まれた美しい外観と、心地よい内部空間、希少性の高いアートたちが、きっと貴方の感度を心地よく刺激することだろう。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。