戸建賃貸を選ぶ人はここを見ている!利用する人の目線を意識した戸建賃貸運営。2017.04.17Mon

戸建賃貸を運営する上で不動産経営に関する知識も重要ですが、不動産に限らずどんな仕事でもお客様の立場に立つ “ お客さま目線 ”は大切。

そこで今回は、戸建を賃貸しようとしている方は何をメリットと考えているのか、“ お客様の立場 ” で戸建賃貸を借りる理由についてまとめてみた。

賃貸と購入した場合の資金的なメリットを比較している。

まず、一戸建てを賃貸を考えている方の多くに、「一戸建てを購入するだけの十分な資金がない」、「将来的にローンに悩まされるのが嫌」など、資金的な悩みを抱えてる人が多い。戸建賃貸はランニングコスト(初期費用)が、住宅を購入する際に比べ圧倒的に安い。一戸建て賃貸は、マンションやアパートを賃貸するのときと変わらず、掛かる費用項目は1ヶ月の賃貸料、敷金、礼金、その他管理費程度。

対して一戸建てを建てるとなると、ローンを組んだり、前金も(場合によってな前金がかからないものもある)必要となり、初期費用としては最低でも300万円前後は必要になる。戸建賃貸は戸建を建てるよりも初期費用の差は圧倒的に大きなメリットになる。

固定資産税や修繕費がかからない。

さらに、資金的なメリットとして戸建賃貸は固定資産税や修繕費がかからない。物件の価格にもよるが4000万円程度の物件(土地込み)であれば年間10万円程度の固定資産税がかかる。これを仮に30年と考えた場合単純計算すると300万かかる計算になる。賃貸の場合はこの固定資産税が0円なのだ。

また、戸建と違い戸建賃貸は修繕費などが掛からない。どの建物でも経年劣化はさけられない。外壁や屋根、またフローリングや部屋の壁など劣化や、外装のリフォームなど数百万円掛かる事もある。また、災害時も災害保険に加入していない場合は自己負担となる。

対して賃貸は、転居時に劣化が激しい場合は一部修繕費用を求められる事もあるが、一戸建てほどは掛かからない。この修繕費の安さも借り手にとってはメリットとして大きい。

引っ越しリスクが少なく、トータル費用が安くなる。

転勤や子供の進学など、環境の変化によりやむなく引越しが迫られる事がる。環境が馴染まない、生活が不便、治安が悪い、近隣住民に不満があるといった場合など事前に予測できない事が起こっても、戸建を建てしまうと引っ越すのが難しくなる。その点、賃貸の場合は引っ越しを考えた場合、新たに敷金、礼金が掛かる程度なので引越しによる出費は圧倒的に抑えられる。この手軽さも賃貸で借りる事のメリットになる。

一戸建ての購入と賃貸で、トータルで掛かる費用を比較した場合、10年、20年程度の短期目線であれば戸建賃貸がお得、逆に30年、40年と長年住む場合はローン返済なども終わり、月々の家賃も掛からないため徐々にコストパフォーマンスが良くなる。

 

戸建賃貸を考えている方は、トラブルやリスクも含めてトータルの出費としては、賃貸の方が安くコストパフォーマンスに優れる事が多いと考えているようだ。また、戸建賃貸は広さや、近隣トラブルが避けられるといった面からも、マンション、アパートと比べてのメリットが大きいと言える。家賃設定や需要といった面からも、よりよい不動産運営をするために借り手の心情は加味してゆきたい。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。