日本橋に現れた新たなコミュニティの発信基地「YADOKARI×BETTARA STAND 」2017.04.08Sat

オフィスが立ち並ぶ日本橋エリアには珍しい、なにやら楽しげな雰囲気の、地元の人、企業の人、別の土地から居住してきた人、さまざまな人が集まり賑わう場所がある。

日本橋・小伝馬町の神社横に、元駐車場を利用したコミュニティスペース「BETTARA STAND 日本橋」。

「人が集まる神社境内のような安らぎ、賑わい」をコンセプトととし、デットスペースなど遊休地を利用して、さまざまな人と繋がる新たなコニュニティの発信基地として、柔軟性のあるスタイルで用途に合わせてイベントやパーティー、ワークショップや催事ができる施設だ。

-「YADOKARI」インタビュー記事はこちら –

http://hash-casa.com/2017/04/15/yadokari-interview1/

http://hash-casa.com/2017/04/28/yadokari-interview2/

【「YADOKARI」プロフィール】

住まいと暮らし・働き方の原点を問い直し、これからを考えるソーシャルデザインカンパニー「YADOKARI」。住まいや暮らしに関わる企画プロデュース、スモールハウス開発、オウンドメディア支援、空き家・空き地の再活用、まちづくりイベント・ワークショップなどを主に手がける。ミニマルライフ事例を紹介する「未来住まい方会議」を運営。動産を活用した「BETTARA STAND 日本橋」などの施設を運営。著書に『アイム・ミニマリスト』『未来住まい方会議』『月極本』がある。

“ 街と一緒に創る・コミュニティビルド ” をテーマとした新しい発想の施設。

「BETTARA STAND 日本橋」は、元駐車場となっていた遊休地を利用して、移動可能なタイニーハウスや屋台をイベントスペース・オープンカフェキッチンにした施設。

“ 街と一緒に創る・コミュニティビルド ” をテーマとして掲げ、施設造りからDIYを取り入れ、独自の商品・各種イベント開催など、街づくりに関連する実験的な取り組みを多数催してる。

オフィス街に人々が集い、賑わう多様性のあるイベントスペース。

オフィス街だということ忘れてしまうほど、アットホームな雰囲気はさまざまな人々が集い、賑わう多様性のあるスペース。

無線LANはもちろんプロジェクターやスピーカー、スクリーンや延長コード、暖房ヒーターにこたつまで、設備は申し分ないほど充実している。各種イベントからワークショップ、結婚式二次会や飲み会パーティーまで、多目的な利用が可能だ。

自然の風に触れながら、美味しいお酒と食事が楽しめる空間。

オープンスペースの半野外の空間は、季節の風情も感じ取れる心地よい空間。そんな開放感溢れる空間がさらに楽しくなるような、四季折々の料理やイベント、全国から選りすぐられたクラフトビールや日本酒を取り揃えている。自然の風に触れながら、美味しいお酒と食事が楽しめる空間になっている。

“ これからのライフスタイルを考える ” 新しい生き方を提案。

またイベントスペースでは、パーティーやワークショップ以外にも、住まいや働き方、地域活性やコニュニティビルドなどをキーワードに、「DIY」「食」「不動産」「出版」「アウトドア」を切り口として生き方の提案とも言える、“これからのライフスタイルを考える” イベントやワークショップを定期的に開催。

集う人の多様性と、多目的に利用可能な空間スペースで、新しいコミュニティのあり方を発信する「BETTARA STAND 日本橋」。近くを訪れた際は、そのユニークな空間にぜひ一度立ち寄ってみて欲しい。