厳しい認定基準を満たしているからこそ多くの人に指示される「長期優良住宅」casita2017.04.01Sat

今人気の、戸建賃貸物件「casita」。家は「住居としてずっと同じ家に住む」ことが主流だった一昔前とは違い、戸建賃貸の可能性は格段に広がっている。

「casita」は“ 人に貸す ”、 “ 売る ”、という選択肢も加わった新しい形の「戸建賃貸住宅」だ。しかし、戸建だからといって、すぐに“ 人に貸す ・売る ”ことはできない。ではなぜ「casita」は多くの人に指示されるのか?

そのポイントに「長期優良住宅」であることがあげられる。今回は「長期優良住宅」について触れてみたい。

集合住宅経営にくらべると格段に良い利回り。

戸建住宅の人気の理由の一つに、集合住宅経営にくらべると利回りが格段に良いことが挙げられる。それは、土地の条件や立地条件に集合住宅よりも柔軟性があることだ。

戸建は最寄駅が家から遠くても需要があるため、繁華街に拘ることがない。また、狭い土地や変形した土地でも建築が可能なので、土地の購入コストを抑えることができる。

そして、最大の利点は戸建賃貸の入居者の住居年数が長いことだろう。ここに利回りのよい「長期優良物件」ポイントが隠されている。

厳しい認定基準を満たしているからこそ多くの人に指示される住宅。

「長期優良物件住宅」とは、使い捨てのようなスタイルの住まいではなく、住宅の寿命を延ばすことで解体による環境負担を減らし、数十年たっても資産価値を高めていける住まいのことだ。

  1. 劣化対策~数世代にわたり、長く住むことが可能な家であること。
  2. 耐震性~地震に強い家であること。
  3. 維持管理・更新の容易性~メンテナンスが容易であること。
  4. 省エネルギー性~省エネに配慮した家であること。
  5. 居住環境~優良な住居水準を確保するために必要な基準規模を有すること。
  6. 住戸面積~優良な景観の形成その他の地域における住居環境の維持及び向上に配慮されたものであること。
  7. 維持保全計画~建設時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。
  8. 可変性~居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。
  9. バリアフリー感~将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。

「casita」の利回りの良さや、空室リスクが低いのは、これらの厳しい認定基準を満たしているからこそ多くの人に指示される。

価値ある「長期優良物件」は売却時も大きな利点。

「長期優良住宅」の良さは、住居として住む際や賃貸時だけでなく売却時も大きな利点がある。賃貸物件や、長期優良住宅の認定を受けている物件はそれだけで“価値がある”ため高値で売ることも期待できる。また、賃貸物件市場でも他の住宅と「差別化」がはかれることも大きなメリットだ。

総合して考えると、「casita」は扱いやすい不動産であることがわかる。ぜひ、住宅購入や不動産投資を考えている方は、“ 住まう人に長期的に良い住宅 ”戸建賃貸「casita」を視野に入れていただきたい。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。