スキップフロアを体感するなら表参道へ!生活とアートが融合された「スパイラルホール」2017.03.22Wed

「高低差を利用して空間を緩やかにつなぐスキッップフロア…」と聞いて、「理屈はわかるけど実際どんな空間なんだろう?」とイメージしにくい方もいるのではないでしょうか。そんな方にオススメなのが、世界中からファッショニスタが集まる表参道に建つ、複合施設「スパイラル」。

「スパイラル」という名前の由来にもなったインパクトのある吹抜けに、螺旋スロープがゆるやかにフロアとフロアをつなぎます。デートやお買い物のついでに「スキップフロア」を少し体感してみませんか?

吹抜けの螺旋スロープが空間と空間をつなぐ「槇文彦」設計の「文化複合施設」。

「スパイラル」は、建築家の「槇文彦」によって設計された地上9階・地下2階の複合文化施設です。ギャラリーと多目的ホールを中心に、レストラン・バー、生活雑貨ショップ、トータル・ビューティ・サロンなどで構成されます。表参道の交差点よりほど近い場所に位置する複合文化施設です。

一階奥の吹抜けに螺旋スロープがあり、これが「スパイラル」と名づけられた理由となっているのだとか。

コンセプトは「生活とアートの融合」、現代性のあるジャンルレスなイベント空間。

「スパイラル」は、1985年10月のオープン当初から「生活とアートの融合」をコンセプトに展開され、現代美術を始めとするアートやデザインの展覧会、ダンスや演劇、コンサートや舞台公演、シンポジウムやファッションショー、パーティーに至るまで多岐にわたり、現代性のあるジャンルレスなアート・イベントを数多く送り出しています。

1980年代の日本モダニズム建築を代表する建築物のひとつとして国際的に有名。

また建築家、「槇文彦」のデザインによるこのビルは、1980年代の日本モダニズム建築を代表する建築物のひとつとして国際的にも有名。常に最先端の技術や国内外のアーティストや、芸術団体など総合的なアートプロデュースを行い、アートへの独自のアプローチを続けている施設です。

建物内部の1階から3階はユニークな構造で造られ、ギャラリーを見渡すカフェからショップを通り、多目的ホールへと連なるオープンな空間構成。通常の美術館や劇場とは異なった視点でフロアを通ることができ新しい切り口でアートとの出会いを体験させてくれます。

カフェラウンジは買い物デートなどに疲れた休息の場としても最適な空間。

出典:http://www.spiral.co.jp

青山通りに面したこの複合施設は、冒頭にも上げたように表参道の駅からほど近く「美術館にいくぞ!」といった気負いなく立ち寄れる場所。1階のカフェ・ラウンジは広々とし、座席数も多くゆったりとできるため買い物やデートで疲れた時の休息の場にも。入り口の雑貨や、アートに触れながらゆっくりとした時間も過ごすことができる。

ぜひ、近くに立ち寄った際は、「スパイラル」のアート空間と、大きな「スキップフロア」の空間を気軽に体感してみてほしい。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。