イニシャルコストを抑えて高稼働率・高利回り!賃貸住宅市場で「casita」が指示される理由2017.03.19Sun

2020年をオリンピックを目の前に、不動産市場が盛り上がりを見せる中、さらに注目が集まる戸建賃貸「casita」。情報や物、住宅に限らずさまざまなものが  “ シェア ” される時代にきている。そんな時代と共に需要が高まる戸建賃貸「casita」。

底コストと優位性を最大限に生かした「casita」が人気を博す裏付けポイントをまとめてみた。

土地や建物の購入価格が安く、イニシャルコストを抑えることができる。

住宅を建てる際にまず最初に気になるのはイニシャルコスト、土地・建物の値段だ。

「casita」は戸建住宅のため集合住宅に比べ広い土地を要さない。施工する建設会社は全国に約80社あり、プランの企画化と建築資材の共同購入で作業工程の無駄を省き、建物自体の大幅なコスト削減が実現している。「casita」はイニシャルコストを抑え、高い家賃を設定できるので利回りを高く設定できる。

優位性があり重要に対して供給が少ないので、家賃設定を高くできる。

戸建賃貸は需要の面でも6年前は 1,8%だったが現在は4,2%増と大きな伸び率を表している。「今後望ましい住宅形態」と、「賃貸住宅の建て方別供給」の需要と供給からみて、

今後望ましい住宅形態:マンション・10,5 % 一戸建て・67,1%  どちらでもない・20,1%

賃貸住宅の建て方別供給 :共同・67,3% 戸建 6,0 % 長屋26,7% 

理由があり戸建賃貸には住めないが、戸建住宅を望む人・希望する人は全体の半分以上いることになる。また入居率についても、

戸建住宅が5年/35% 15年/31% 15年/34%

集合住宅は5年/61% 15年/31% 15年/8%

と、保有する期間が長くても戸建賃貸であれば安心して一定の家賃収入が見込め、入居期間が長く安定経営が可能なのも大きな利点だ。

高い家賃設定だけではなく、メンテナンス・管理費用の支出が低い。

ランニングコスト安く、長期優良住宅と住宅機能も充実・戸建賃貸という優位性を含めて通常の集合住宅賃貸物件よりも高い家賃設定が期待できる。

また、べリノベーションする際に約1000万ほど費用がかかる集合住宅に対し、管理のしやすさからしても戸建賃貸はメリットが大きい。また住宅に限らず、すべての商品が「量の普及→質の向上→付加価値化」といった傾向にあることから見ても、賃貸住宅業界がすでに付加価値化・ブランディングの時代であることは明らかだ。「casita」は賃貸市場の中で “ 戸建であること ・長期優良住宅であること ”ですでに優位性がある。

 

底コストと優位性を最大限に生かした「casita」。やみくもに指示されるだけでなく、そこには大きな裏ずけが存在する。不動産投資や戸建賃貸運営に興味がある方は「casita」を一度視野に入れてみてはいかがだろう。時代を読む「casita」なら、安定的な運営が現実的のもになるのではないだろうか。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。