cube

簡単に直ぐできる!!お洒落な雰囲気のある部屋に演出するライトアップ方法

家の雰囲気をつくるときに重要なのは、間取りやインテリアですが、もう一つ忘れてはいけないものが “ 照明 ” です。実は家の雰囲気は照明の光の当て方で大きく印象が変わります。せっかくならお気に入りの照明器具やインテリアを置いて自分好みの部屋に演出していきたいですよね。

そこで今回は、手軽で簡単に家の雰囲気が良くなる照明器具の配置・ライトアップ方法をご紹介したいと思います。

光源を遮って、部屋全体をムーディーな雰囲気の部屋に!

光源を遮ると部屋全体をムーディな雰囲気に演出することができます。大雑把な言い方をすると電球や、照明器具の光源を直接見えないように配置することで、お洒落度はかなり上がります。

「お洒落な部屋を演出!」と聞くと思い浮かぶアイテムの代名詞として間接照明がありますが、こちらも同様です。あらかじめ電球部分を見せない様にすることにより“ 間接的 ”に光を届けているのです。

間接照明はインテリアとしても使えますが、デザインを選んだり部屋に合う大きさを選んだりと少し手間もかかります。光源を遮る方法は配置場所をあまり意識せず、即効性があるのでオススメです。

壁・天井に光をあてて、部屋全体を明るくする!

2つめのオススメは、照明を床に向けて当てるのではなく、壁や天井に光を当てる方法です。壁や天井に光を当てると、光が面を使って広がり反射するため部屋全体に明るさが広がります。

さらに、反射することで均一な光ではなく光に微妙な陰影ができ、部屋にメリハリが出るだけでなく、空間に奥行きが出るため広く感じることができます。

置き照明を上手に取り入れて、落ち着いた空間を演出。

間接照明をはじめ、照明器具もいろいろな使い方があります。天井の照明から、置き照明を床に置くだけでも部屋の雰囲気を変えることができます。レストランのキャンドルや、お洒落な飲食店などの通路を思い浮かべていただくと分かりやすいと思いますが、置き型照明を上手に利用し雰囲気を演出しています。

置き照明は、光の重心が低くなり落ち着いた雰囲気を演出するのに最適。たとえば、「casa cube」のようなスリップ階段の下に観葉植物と一緒に置いてあげても相性が良く、玄関や広めのホールにもお勧め。光源を遮る方法と合わせても陰影を楽しむことができます。

庭のライトアップに使うガーデンライト。

庭のライトアップなどに使用するガーデンライトも光源を遮る方法と同様の仕組みです。光源が見えないようにし、下から木々を照らしています。このように光源を遮る方法は、簡単に間接照明と似た効果を得ることができます。

さらに付け加えると「casa cube」は照明デザイナーが考えた光の配置を施しています。プロが考えた空間をベースにお気に入りの照明器具を取り入れて、自分の好きな灯りを見つけても楽しいかもしれません。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家