ステンドグラスの光が美しいフェリックス・キャンデラの「ヌエストラ・セニョーラ・デ・ソレダ礼拝堂」2017.01.23Mon

メキシコの建築の旅はまだまだ続く。ルイス・バラガンと同様、メキシコを代表する建築家のフェリックス・キャンデラ。

キャンデラはスペイン生まれで、スペイン内戦後メキシコに亡命した構造建築家。コンピューターのまだ無い時代に、計算が難しいとされていた放物線と双曲線を組み合わせた立体曲線HP(双曲放物面的)シェルを用いて、構造と表現が一体化した流れるような曲線や曲面の空間を作り出したことで有名。

曲線美を表現した、彼の初期の作品である「ヌエストラ・セニョーラ・デ・ソレダ礼拝堂」を見学してきた。

モダンでありながら風土色な雰囲気を持つ礼拝堂

mg_5955

この日はすごく晴れていて、敷地内にあるこの鉄の彫刻も輝きをみせる。

小さく開いた門を抜けると、教会を含め数棟の建物が敷地内に建っていて、どれも落ち着いたモダンな建築でありながらどこか郷土色のある雰囲気だ。敷地内を進むと礼拝堂が見えて来くる。

正面からみると両脇の壁の高さは抑えられて三角形に見え、真ん中にある十字架を中心にシンメトリーなファサードになっている。

シンプルなHPシェル構造の、ダイナミックな曲線美がお出迎え。

mg_5956

特徴的なHPシェルの緩やかなカーブを持つ屋根の中に入ると、HPシェル構造により大きな曲線美の天井が一つの空間にダイナミックな印象を与えている。

抽象的な絵が描かれたステンドグラスの光はとても美しい。

mg_5970

ステンドグラスから注がれる柔らかい光によって生まれる陰影は、天井に淡いグラデーションを描いていく。単純な空間ながらHPシェルの屋根により豊かで上品な表情を作り出す。

単純な構成の平面がHPシェルの天井に自然なカタチで溶け込み変化を織りなす。神聖で静寂な空間に少しの動きを加えている。

HPシェル構造の緩やかな空間に、神々しさを演出するステンドグラス。

mg_5964

ステンドグラスをバックにした祭壇の上のマリア像もどこかモダン。光のコントラストと静寂な空間が神聖な気持ちにさせてくれる。

祭壇からエントランスを眺める景色とみえる美しい曲線と重厚感。

mg_5967

大きなHPシェルの屋根・天井はシンプルな空間をダイナミックにみせる。神聖な礼拝堂に重厚感を与え、高僧な気持ちにさせてくれる。

企画、デザイン、設計、構造、建設とすべての作業が分業している現在の設計建設環境とは異なり、デザインもエンジニアリングもマネージメントもこなしたフェリックス・キャンデラ。彼の真の建築家としての人物像や、仕事の真髄が垣間見える、美しい建築だった。