casita

貸す人にとっても、住む人にとっても「いい家」だから高稼働率!win×winの戸建賃貸住宅「casita」

昨今、賃貸経営市場が難しいとされている中人気を誇る「casita」。

家を建てる人が少なくなっている中、年々需要を伸ばしている戸建賃貸住宅。

ではなぜ、ここまで多くの人に支持されるのでしょうか?

なぜ、いま集合住宅ではなく戸建賃貸が支持されているのか、その驚異の高稼働率の秘密を探ります。

初期費用を抑え、高い家賃設定ができる。

casita_22

理由の一つに、集合住宅が飽和状態になっているのに比べ、戸建賃貸住宅は物件数自体が少なく需要に対して供給が追いついていない状況というのが上げられます。

分かりやすく言えば「数」がまだ少ないため、高い家賃設定などが可能なのです。また、戸建賃貸はファミリー層に支持され、入居期間が長いケースがおおく空室リスクが低いのも特徴です。

小さな土地から建てることが可能ため、初期費用など運営にあたり集合住宅を建てるよりも、土地・建物の費用が少なくてすみ、不動産投資の最大のリスクと呼ばれる初期投資の金額を抑えることができます。

柔軟性のある土地選びと、流動性のある賃貸運営ができる。

_mg_0783

集合住宅に比べ柔軟性のある土地選びができるのも戸建賃貸の利点です。

戸建賃貸なら広い土地面積を必要とすることなく、変形地であっても建てることは可能なので土地や土地の形状にとらわれることが少ないのです。また、戸建賃貸はマイカー通勤者や、ファミリー層の需要も高く、集合住宅のように〝駅近・繁華街〟に拘る必要もないのです。

さらに、購入だけではなく売却時も、通常は丸ごと売却することしかできない集合住宅とは異なり、戸建は一等単位で売却することもできます。

「いい家」だから建ててから満室になるまでの期間が短い!高稼働率の戸建賃貸「casita」

casita_32

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」が、99.37%という驚異の入居率を誇のには、根底に住む人のことを考えた、高い住宅性能を完備した「長期優良住宅」であることが上げられます。

デザイン性、高気密性能によるランニングコストの軽減、使い勝手のよい家事動線に至るまで、経営するオーナー側だけではなく住む人にとってもメリットがある住宅。そのため、戸建賃貸という希少性を差し引いても入居期間が長いケースが多いのではないでしょうか。

 

戸建賃貸住宅「casita」が、高稼働率を維持できるのは貸す人にとっても、住む人にとってもWin×Winの良い住宅だからなのです。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。