piatto

将来のことまで考えた家づくりが可能!ミニマムでシンプルな平屋の家「casa piatto」

一階で完結する平屋は、住宅の機能を集約した次世代の暮らしとマッチした住宅。言い方を変えると無駄を一切省いた究極のシンプルな間取りの家といえる。

「モノが少なく、シンプルな暮らしがしたい」、さらには「年をとって長く住めて、かつ機能的にも優れた家にすみたい」という人が増えてきている。

そんな無駄が一切ない、エネルギー効率を最大限に発揮した、最小限のミニマムな暮らしが実は日本建築を代表する〝平屋〟にある。

機能を集約したコンパクトな平屋のメリットをおさらい。

img02_pc

まず、「なんで平屋がミニマムなの?」と疑問に思う方のために平屋のメリットについておさらいしてみよう!

 

1、家事動線がシンプルになる。

一階に部屋が集約されているため、階段を登ることなく、毎日の掃除・片付け・洗濯などの家事がスムーズになり、生活の動線をシンプルにすることができる。

2、コミュニケーションがとりやすい。

子どもに目が届きやすいので、安心して親子の絆を育むことができ、夫婦二人の生活でも程よい距離感を保つことができる。

3、省エネ・エコライフ。

家全体に風を行き渡らせ、風通しの良い環境を作ることができる。光や風など自然エネルギーを上手に取り込んで、冷暖房を減らして、省エネ・エコライフを可能に。

4、面積に対して広々とした開放感を感じることができる。

天井が高く、ワンフロアならではの広々とした開放感があるため土地面積よりも広く感じる。また、二階がないことにより建築費用や、メンテナンス費用のコストが少なくて済む。

「将来」を考えられるフレキシブルな間取り。

dt3q1862

 

平屋の間取りは間仕切りやドアが一切なく、完全にオープンなスペースになっている。平屋は家全体が一つの大きな空間で、家族のコミュニケーションが取りやすく、家事動線がシンプルに加えて、家族が一階にいるという安心感も与える。二階がないため、お子さんが巣立って、ご夫婦2人になっても空間を持て余すことがない。階段もないので高齢になってもストレスなく生活ができる。

また、「プライベート空間がないのでは?」と思われる方もいるだろう、平屋は部屋を間仕切りする代わりに、視線を遮った部屋のレイアウトにすることで空間を程良く区切っているので、プライベートな空間も確保される。

合理的でシンプルな構造。

dt3q1796

 

平屋は空間の中にいくつもの可能性を秘めている。玄関ホール・洋室・リビングダイニングを間仕切りの位置ひとつで大空間にも個室にも変化が可能な合理的な家だ。将来もう一室欲しくなった時は壁で仕切り、また不要になった時は取り外すこともできる。

平屋は最近ではフラットハウスとも呼ばれ、将来のことまで考えた設計が可能な家なのだ。ワンフロアで完結するので中は広々、家事動線はシンプル、かつ余計なものを省いた間取りなのえコストも安く抑えられる。「ニミマム」でありながら家族が長く住まう快適な家なのだ。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。