casa

ライフスタイルによって間取りを変更!耐久年数を延ばす「casa sole」

家を建てる際一番悩むのが「間取り」ではないだろうか。この悩みは楽しい悩みでもあり、真剣な悩みでもある。リビングを広くしたい、吹き抜けが欲しい、子供部屋も欲しい、など将来のライフスタイルまで視野にいれると安易に間取りは決められない。

003

 

日本の住宅の寿命の短い理由に、家族構成が変化する際、従来の日本の住宅では(費用も含めて)容易に間取りを変更できるポテンシャルを持ち合わせていなかった。

そこで、「casa sole」では4×4の真四角の「基本となる家の形」とし、多様なニーズに応えるプランを幾つかご用意。その二階部分のプランを幾つかご紹介したい。

親子が一つの部屋で寝れる、最高の睡眠を約束してくれる家。

eqe%e2%88%ab6

 

お子さんが小さい頃は、親子が一つの部屋で寝るケースが多い。こうした小さいお子さんを持つ家族のニーズに合わせ作られたのがこの間取り。また快適な睡眠は、健康的な生活を営む上で欠かせない要素。

寝室・子供部屋・採光・風通しを考えたレイアウトになっている。

和室でごろっと快適空間。

oae%e2%88%ab2ayopaz

 

日本文化の代表とも言える〝畳〟。家族の憩いの場としても、来客時の寝室にも利用可能。引き戸を開ければホールと一体の広い空間が生まれる。収納は折戸にすることで、戸を全開方にできるため、布団の上げ下ろしもらくちん。

たっぷり収納で収納上手になれる家。

e%cb%9aiaa

 

気を許すと、家の中はあっという間に物であふれかえる。洋服や子供のおもちゃ、同じ家で暮らせば暮らすほど、家族の思い出の品はふえてゆく。

そんな嬉しい悩みを解決するため、収納エリアを2つに分けた「収納力の高い部屋」も提案している。子供部屋にも大型のクローゼットを配してるので散らかりがちな子供部屋もこれで安心。

勉強部屋にも、オフィスにも。シンプルなワークスペース。

ÉtÉäÅ[ÉXÉyÅ[ÉXáE

 

子供や大人のワークスペースを閉じられた小部屋にするのではなく、オープンな空間にすることがここ最近主流になりつつある。宿題をする子供も、仕事をする親も一緒の空間ですごせるよう、広めのスタディ(ワーク)ルームをつくっている。

読書や、趣味の部屋としても活用でき本棚の設置も可能。シンプルだが、使う人のことを考えたワークルームに仕上がっている。家の中心にいちする柱で、ほぼすべての重荷を受け止められる構造で、部屋を仕切る壁はパーテーションのようなもの。

 

「casa sole」は将来のライフスタイルまで視野にいれた間取りを可能にする、機能だけではない、高いポテンシャルを持った最新のECO住宅なのだ。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。