「気密と断熱」が快適な室内温度を保つ、パッシブハウス思想の「casa sole」。2016.12.10Sat

快適に暮らせる家の条件として、明るい家・インテリアを配置しやすい家・収納がたくさんできる家など、いろいろな条件があげられる。しかし、どんな条件を並べても「コレだけは絶対に外せない」というものがある。「室内温度」だ。

住宅が外気の温度に左右され、部屋が熱くなったり、冷たくなっているようでは、快適な空間は得られない。冷暖房器具に過度に頼らず暮らしていくには、住宅の断熱と気密が需要だ。パッシブハウス思想の「casa sole」は快適さを追求するためどんな工夫がされているのだろうか。

断熱・気密・換気を柱とした家つくり。

127

 

パッシブハウスの思想は、断熱・気密・換気を柱とした家つくりだ。また、家の断熱性能を高める上で、重要な役割を担っているのが断熱材。

「casa sole」が採用している断熱材は発泡ウレタンである。発泡ウレタンは、形状に合わせて発泡・硬化し、自己接着する。そのためわずかな隙間を逃さず、施工することができ、複雑なつくりの木造建築でも、高い機密性・断熱性を発揮する。

熱を逃がさないトリプルガラスと、高スペックの断熱構造の壁。

e_ecejeieo5

 

「casa sole」の壁は、普通の住宅の約1.5倍の厚みがある。その厚さは外壁から始まり、サイディング、通気層、断熱材と何層にも積み重ねた断熱構造を持つ。

日本で一番の寒冷地である北海道を基準としているので冬の室内の保温は万全、また、断熱層の外側に反射率の高い遮断シートを一枚入れ、その外側に通気層を設けることで、太陽夏を遮断し、夏の暑い日差し対策も万全。

断熱性を高める日本初のトリプルガラス。

ea%cc%88ereieoae_1920

 

断熱性を高める上で、窓ガラスも大変重要な役割を果たす。熱を損失(取得)する場所としてもっとも大きい場所が実は窓ガラスなのだ。「casa sole」は日本ではじめてトリプルガラスを標準装備している。断熱性はもとより紫外線のカット、結露の低減という効果もある。

また、次世代省エネ基準が示すように、その基準を満たすためには、断熱・気密・性能も重要ではあるが、かといって家を完全に密封するわけにはいかない。「casa sole」では、適切な換気量が計算された独自の「24時間換気システム」を採用している。

 

このように、「casa sole」では、パッシブハウスの考えを生かし、熱は逃さないけれど空気は入れ換えるという一見矛盾した動作をきちんと成立させ、快適な住居空間を保っているのだ。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。