cube

スタイルモダンな「casa cube」に合うミッドセンチュリースタイルの家具たち

四角い壁に包まれた、窓のないデザインモダンな住宅「casa cube」。外の外観もさることながら、内観の吹き抜け空間もスタイリッシュ。

天窓から明るい自然光がそそがれ、白い壁が清潔感と空間をゆったりみせる。そんなオシャレな空間なら「家具にも凝りたい!」と、思う人は多いはず。

そこで今回は「casa cube」によく合う「ミッドセンチュリー」の家具たちをご紹介。ミッドセンチュリーを代表する家具、そしてインテリアのコーディネートを紹介したい。

「ミッドセンチュリー」って、なぁに?家具やインテリア好きに愛されるモダンな家具たち。

mg_1992-1024x683

 

「ミッドセンチュリー」とは「1世紀の中頃」という意味。主に20世紀の中頃を指していて、一般的に1940~1960年代にデザインされたモノを言う。

インテリアでは、この時代に活躍したアメリカのデザイナー、チャールズ&レイ・イームズ、ジョージ・ネルソンなどを中心とした家具やインテリアなどを「ミッドセンチュリースタイル」や「ミッドセンチュリーモダン」などの呼び方をする。

「casa cube」の白い空間に映える、イームズのシェルチェアとラウンジチェア&オットマン。

87b1e236a4f1c49843dafa41b68acec02b4139ef出典:http://www.hermanmiller.co.jp/

このアメリカのチャールズ&レイ・イームズがデザインした椅子たちは、世界的に有名な名作椅子として知られています。みなさんもカフェなどでよく見かけるのでは?

ひとつは代表的なアーム(肘掛け)のない「シェルチェア」と呼ばれるもの。幅は約46センチと小ぶり軽くでカラーバリエーションも豊富なので、ダイニングやお部屋のちょっとしたアクセントに最適。

mg_1953-1024x683

 

そしてもう一つのオススメは、「ラウンジチェア&オットマン」。

イームズのデザイナー、チャールズとレイがプライウッドを成型できないか試み、家庭のリビングルームに多く見られるラウンジシーティングをより良いものにしたいと望んだことから生まれた作品。イームズ夫婦の友人である映画監督のビリー・ワイルダーの自宅リビング用の椅子としてデザインされたという話は有名。

イームズラウンジチェアの個性的な魅力は個性的な「casa cube」との相性は抜群。ラグジュアリー感がありながら何処か可愛らしいイームズの代表作。

世界初のプラスチック一体成型チェアの「パントンチェア」。

mg_1958

 

もう一つオススメしたいのが、1926年デンマーク生まれの家具・インテリアデザイナー、ヴェルナー・パントン の作品「パントンチェア」。

ジャンルに捕らわれない幅広いカテゴリーからデザインを生み出し、現在も生産を続けられているパントンの作品の中でも代表作と呼ばれ、1960年にデザインされた、世界初のプラスチック一体成型チェアの「パントンチェア」。現在ではミッドセンチュリーデザインの象徴ともいわれる名作。

左のハート型のフォルムシートには肌触りのよいカシミアを使用することで、見た目だけではなく、触れたときの柔らかい感触も実現。こちらも「casa cube」の白い空間に映える一品。

 

ミッドセンチュリーのインテリアにはポップなデザインとカラフルなカラーバリエーションといったイメージがあるが、時代に左右されない完成度の高いデザインは、現代のインテリアとも違和感なく組み合わせることができる。

「casa cube」のシンプルな空間に、存在感のある家具を組み合わせてみてはいかがだろう。きっとオシャレな自分好みの空間が広がることだろう。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家