南欧風のシャビーな雰囲気を演出してくれるアンティーク・ビンテージ家具をご紹介。2016.12.05Mon

地中海リゾートを思わせるような南欧風の外観と、ナチュラルな温かみの素朴な可愛らしい内装。

プロが作った内装をベースに、自分の好みをカスタマイズしてゆくという楽しみがある商品住宅型の可愛い家「casa carina」。

「住みたい家」を「理想の家」に、南欧風のシャビーな雰囲気を演出してくれるアンティーク・ビンテージ家具をご紹介。

シャビーな風合いが魅力の古木のテーブル。

106297264

出典:http://nuu.tokyo/

まず、「そもそもアンティークとは?」という方に簡単にご説明。「アンティーク」とは、フランス語で「骨董品」という意味。もとは古代ギリシャやローマの貴重な遺物、美術品を指していました。

その後、アメリカが1934年に「製造されてから100年以上経過した手工芸品、工芸品、美術品」をアンティークと規定。100年に満たないものは「ビンテージ」と呼ぶようになりました。

このテーブルは1800年代のアンティークのテーブル。接ぎ木をしメンテナンスを重ねながら大事に使われてきた、人の手と時間が紡ぎ出す貴重な風合いが魅力的なテーブル。

使い勝手の良い3つ引き出しのブロカントチェスト。

106298198

出典:http://nuu.tokyo/

フランス語で「古道具、古道具市」を意味するブランカント。美しいガラクタという言葉が語源になっているようです。アンティークのように100年以上の年月は経っていないものの、人々に愛され大切に使われてきた道具たち、それがブロカントです。

使い勝手の良い3つ引き出しのチェストは、大きさも部屋の場所をとらないちょうどいい大きさ。「casa carina」のお部屋にもピッタリ馴染むホワイトカラーと使い込まれた天板も味があり、ブロカントらしく何度も塗りなおされたペイントの剥がれがさらに風合いを引き立てます。当時の「物を大切に長く使う」という素敵な想いが伝わってくるようなチェスト。

猫足ナチュラルブロカントテーブル

106299305

出典:http://nuu.tokyo

大人になっても、お姫様のような部屋に憧れる女性は多いのでは?しかし、ロココ調な〝いかにも〟は少し気恥ずかしい。そんな方にオススメなのが、さり気なくお姫様気分を味わえる「猫足」のブロカントテーブル。猫のようなしなやかな曲線美のある足が特徴的なテーブルで、お子様の部屋や、ベッドサイドに置いても素敵。自然素材で作られているためシンプルな中にも温もりを感じます。

 

「casa carina」の白を基調とした清潔感と、木のぬくもりで温かみのある空間を、さらに可愛く演出する家具たち。大人かわいいヴィンテージさ漂うナチュラルな空間を、シャビーな家具たちと自分好みの「理想の家」を作り上げてはいかがでしょうか。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました