others

Sto塗料を施した、ヘルツォーク&ド・ムーロン建築「ヴィトラ・ハウス」を訪問!

細長く伸びた切妻屋根の建物が交差するように組み合わされているユニークな建築物がドイツにある。地元バーゼル出身の建築家ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロン設計の建築「ヴィトラ・ハウス」だ。

「ヴィトラ・ハウス」は、世界の有名建築家の作品が集まったヴィトラ・キャンパスの建物群に、2010年に加わった。各階の正面には5角形の大きな窓が配置され、その独創的な外観は日中も夜間も多くの人の注目を集めてる建築物だ。建材の一部には、「casa carina」で使用されてる「Sto社」の壁材が使われ、なんだか親近感が湧く。

そんな「ヴィトラ・ハウス」を訪問してきた。

細長く伸びた切妻屋根のヴォリュームが積み重なる。

unknown-3

2010年にオープンし、ヴィトラ社のショールームの役割を果たす施設で、細長く伸びた切妻屋根の家が積み重なり見たこともないファサードになっている。

mg_1884-1024x683

ところどころキャンチレバー(片持ち)になっていて、遠くから見ても特徴的な外観で印象的だ。

ヴォリュームの端はガラス張りになっていて中の展示風景が垣間みれる。

複雑に交差した空間がおもしろい

mg_1935-1024x683

入ると大きなホワイエがあってレセプションには大きなカウンターがあるが、基本無料なのでそのままエレベーターで上に昇ることができる。

外観からはこの大きいホワイエとかの空間を想像し難いが、内観も中々面白い感じ。

外にも席が広げられているカフェ・レストランも併設されている。

mg_1939-1024x683

エレベーターで最上階から観て回ると、切妻屋根の家型がそのまま空間になっている。

その部屋ごとにコンセプトの異なる空間が広がる。

もちろん建築だけでなくそれぞれの空間、インテリア自体もかっこいい。

大きな開口から見える景色も美しく、それぞれの階でコンセプト異なり、各部屋ごとに家具だけでなく壁や天井、床も違うので観ていて飽きない。

空間どおしのつながりが興味深い

mg_1972-1024x683

 

切妻屋根のボリュームが産み出すそれぞれの空間自体もいいのだが、それぞれの空間が繋がっている様がおもしろい。

また、大きな開口から他のヴォリュームが見えるのも新鮮だ。

住宅のような空間もあればホテルのラウンジのような空間もある。

それぞれを繋ぐ動線に当たる階段などと空間の繋がりもひとつひとつ独特だ。

ヴィトラ・キャンパス内も見渡せて、内部と外部の関わりかたも良い。

最上階と比べるとまた大きく異なっているし、床壁天井比べると別の建物のように思えてくる。

イームズやパントンなど往年の名作家具を展示

mg_1953-1024x683

 

内部はヴィトラ社のショールームとして、リビングやキッチン、書斎などさまざまな部屋のデザインモデルが展示されている。

人気のイームズのラウンジチェアとオットマンや、日本を代表するインテリアデザイナー柳宗理の作品、パントンチェアやプルーヴェの作品もいっぱい。

新しい空間体験がある建築

mg_2001-1024x683

 

内部空間を回遊して外に出ると不思議な感覚だった。

内部で見るとそれぞれのヴォリュームが違う空間のようにも思えてくるが、外へ出てまた全体を見ると1つの建築としてまとまりがある。

内部のバラエティに飛んだ空間からは想像も出来ないほど、静寂感がありそこがこの建築の魅力の1つでもある。

ショールーム的な役割を果たす建築物だが、そんな緊張感を感じさせないくらい「ヴィトラ・ハウス」は居心地が良く、その周囲には自然と人が賑やかに集まっていた。

ハウスという名の通り家型のアットホームな家の集合体のような感じがした。