casitaspecial

株式会社 theHOUSE 梅村和利氏と、経済評論家の上念司氏が語る「casitaの資産価値と低コストの理由」

前回に引き続き、戸建賃貸住宅 casita(カシータ)の魅力について、開発者である株式会社 theHOUSE 代表取締役の梅村和利氏と経済評論家の上念司氏が対談。

経済評論家から見た「資産価値としてのcasita」と今までの戸建住宅より「低コスト実現」ができた理由とは!?

【上念司】経済評論家。中央大学法学部卒。大学卒業後に日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年より経済評論家の勝間和代氏と株式会社「監査と分析」を設立し、取締役・共同事業パートナーに就任。2010年、米国イェール大学の浜田宏一名誉教授に師事し薫陶を受ける。積極的な評論、著述活動を展開。主な著書に『財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済』(講談社+α新書)『日本は破産しない!』 (宝島社)『「日銀貴族」が国を滅ぼす』(光文社新書)『経済で読み解く大東亜戦争』(ベストセラーズ)『高学歴社員が組織を滅ぼす』(PHP研究所)『家なんて200%買ってはいけない!』(きこ書房)ほか多数と多方面で活躍している。

【梅村利和】株式会社 theHOUSE 代表取締役。大学の経済学部を卒業後、税理士事務所やプラント関連の建設会社勤務などを経て、2004年、新栄クリエイトを創業。「本物の環境にやさしい家」を目指してブランド「the HOUSE」を立ち上げ、100棟を超える住宅の設計、建築、リノベーションを行う。また、戸建賃貸「casita」を開発し、そのコンセプトと住宅としての性能の高さが評価され、2012年より本格的に全国販売が開始される。

_mg_4124

 

上念:カシータのシリーズは改築などしなくても事業用など様々な用途に使用できますよね。オシャレなんだけどあえて何も置かない自由な空間作り、設備が古くなったら設備を変えてもいいし、シンプルなつくりなのでリノベーションもしやすい。梅村さんはホームビルダー側の発想なので資産という面での運用を凄く考えていらっしゃる。「理想の家ができればなんでもいい」、ではなく「お金を生まないなら資産にならない」という発想の違いだと感じました。

使用する人を選ばないので資産としてもいいなと感じましたし、選択肢が沢山あってもオシャレじゃなきゃ意味がない。パターン化されても使い勝手は圧倒的にいいですよね。資産価値の長期にわたる持続を考えると、造り込みすぎず、シンプルな設計であることは重要ですね。

梅村:住宅の性能や建材・住設などスペックは高くなければいけないのですが、間取りや形状は、あまりにもアレンジされすぎてるよりは、作り手のエゴではなく資産として換算できるような普遍性というものがないと負債になってしまう可能性も考えられます。シンプルな造りであるほうが資産としても普遍性がなく価値が維持できるかと思います。

_mg_4036

上念:デザイン性の高い長期優良住宅を1000万円前後で建てられるのは、カシータならではの特徴ですね。コストが低いとその分利回りが良くなりますから、投資のハードルが下がります。

梅村:従来の感覚では安いのですが、最低価格やローコストを目指しているわけではなく〝最適価格〟合理性や作業の効率化を意識しています。

「分解と再構築」というキーワードをよく使うのですが、いかに材料費・労務費・作業現場が効率化されていくかをみています。どういう人数で、いつやるのがいいのか、効率化をはかり、ゼロベースで洗い直し組み立てて行った結果がカシータの価格に反映されています。

_mg_0704

上念:逆かとおもってました。どちらかというと他者の業者が価格が高いとか、ローコストを目指してこの価格なのかと思っていました。両方とも違っていたわけですね。「ムダ」を削ぎ落とした結果論として「安く」提供できたということだったんですね。

梅村:そうですね。最適な価格をいかにして見出して、お客様に提供できるかということを考えています。

上念:私は、格闘技道場や英語塾を経営していて、ある種の不動産の活用をしています。確かに、最近資産運用したいという相談は増えていますね。駐車場経営などいろいろと行っていますが、カシータも自分でやろうと思っているからこそ、人にも勧めています。

梅村:ありがとうございます。まだまだ、建築業界はイノベーションをおこせるし、効率化・合理化を現場の作業に落とし込んで、もっともっと効率化や合理化の向こう側にあるコストダウンを実現できる、建築業界にとってびしろのある時代だと思っています。

上念:今の時代にあってますね。

 

次回は、戸建ニーズ「所有」と賃貸ニーズ「利用」について対談。

「casita」開発者、梅村氏が目指す今後の戸建賃貸市場とは。

次回 : 株式会社 theHOUSE の梅村和利氏と経済評論家の上念司氏が対談!「casitaが挑む所有と利用とは」

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。