piatto

「平屋っていいよね」が生まれる〝永年満足〟の家「casa piatto」

「平屋」ときくと皆さんは、何を思い浮かべるだろう。

平屋の利点は、一階で全てが完結すること。

しかし、ギュウギュウに生活機能を詰め込むのはナンセンスだ。

空間にゆとりをもたせ、かつ時が経っても飽きがこなく、日本の伝統を取り入れた美しい家がある。

casa project(カーサ・プロジェクト)の眞木健一氏も認める「casa piatto」の工夫された機能とデザインとはどんな造りだろう。

360度!家族を全方位から見守るLDK。

dt3q1800

家の中心にあるLDKで家事をしながら、ゆったりとくつろぎながら、別の部屋にいる家族ともゆるやかにコミュニケーション。

別々の空間にいながらお互いの存在を確認できる、家族同士の距離が自然と近づくアトホームな作り。

家を優しく守る、軒の長い屋根。

dt3q1830

家を優しく見守る、軒の長い屋根地面と水平に広がる屋根は、太陽光線や風雨から人と家を守り、心地いい環境を与える。

雨の日も窓を開けて深呼吸。そんな雨の日も気持ち良く過ごせる快適な家。

自然を身近に感じる「内」と「外」に調和をもたせた軒。

dt3q1813

リビングと庭をつなげる軒室内。

天井と屋外の軒がそのまま同じ色合いでつながるデザイン。

独特な軒がリビングと庭を調和させ、自然をすぐそこに感じられる。

沢山の「家族の思い出」をつめれる大型収納。

dt3q1820

約15%を占める大収納スペースが自慢。

マンション(通常6~7%)を大幅に上回るので、住まうにつれ、家族の想い出のモノが増えても安心。

LDKに表情をつける、彫り込み天井。

dt3q1809

居心地のよさから考えられた天井高は2.4m。

さらに折上天井で30cmの高低差を出し、表情と広がりを感じられるリビング。

圧迫感のないその空間は、お子さんが大きく成長しても変わらない。

家族を守るスリット窓。

dt3q1767

防犯面も安心のスリット窓リビング以外の居室には、その幅わずか21cmの縦長スリット窓を採用(一部除く)。

心地よい光や風を取り込みながら、侵入者は寄せつけない。

京都の「町家」を思わせる、奥行きのあるアプローチ。

dt3q1843

3段で構成した長いアプローチ高低差10cmの段差3段を施し、より安心安全な構造。

屋根があるので、雨天時の荷物の搬入もスムーズに行るのが嬉しい。

自然のぬくもりを感じる無垢材の床。

dt3q1804

無垢材の床は、小さなお子さんいても安心の自然素材。

お値段によって無垢材の差材が選べるのが嬉しい。

床に刻まれる傷は、そこに暮らす大切な家族との時間を物語る〝永年満足の家〟。

京都の「町家」のように工夫と機能美と美しいデザインが施された「casa piatto」。

 

「平屋」という日本文化を受け継ぎながら、そこに暮らす家族の絆をいつまでも温かく見守る家。

そこに「casa piatto」の細やかな「意味」が含まれているのかもしれない。

 

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。