casa

住む家・貸す家・売る家、住宅の価値を長期的に維持し利益を生む家「casita」

自分で住む家、人に貸す家、人に売る家。

不動産としての使われ方が違っていても、住まいに求められる「快適さの品質基準」は年々高まり、その境目も薄れてきている。

それは、貸主発想の「〜でいい仕様」から、借主発想の「〜がいい仕様」への変化でもある。

「住む・貸す・売る」という三つの価値を長期的に維持できる住まいを、適正な価格で建てることで、「利益を生む家」は初めて実現するのではないだろうか。

少ないリスクと広がるメリット。

unspecified

借主、貸主、双方にとって良い住宅、WIN×WINの住まいは「casita」が目指す新しい賃貸経営のスタイル。

1棟あたり25坪以上の土地があれば気軽に賃貸経営がはじめることができるのが「casita」の特徴。

長期優良住宅仕様の高品質でコンパクトな住まいは、大幅なコストダウンに成功。

コストパフォーマンスに優れ高利回りが期待でき、住む人、貸す人、借りる人、すべての人に嬉しい新しい賃貸住宅だ。

賃貸経営が変わる、新しい4つの価値観。

unspecified-1

casitaが従来の賃貸住宅と大きく異なる4つの価値観がある。

1つ目は戸建賃貸という希少価値、全賃貸の中でわずかな約2%の希少な物件。誰もが憧れる、戸建の充実住まいであること。

2つ目は価値ある家賃設定ができ、広さや性能など集合住宅にはないメリットがある。

3つ目はメンテナンス費用が少ないという価値。集合住宅やマンションのようなエレベーターや共有の通路がないので管理費が安く抑えられ、管理会社にもオーナー様にも優しい住まい。

4つ目はコスト面での価値。一般的に高額と言われている、戸建賃貸住宅でも、複数棟建築することでコストが安く抑えられる。

長期優良住宅仕様をお勧めする理由。

unspecified-3

また、「casita」は住宅機能も長期優良住宅仕様とかなり高い水準を保っている。

長期優良住宅は気密性・断熱性が高く、冷暖房のランニングコストが安く済み、地震にも強く、安心して住める家だ。長期優良住宅は震度6強の大地震の1,25倍の地震でも壊れないレベル。

可変性が高い長期優良住宅はリフォームもしやすく作られているので、費用が安く済み将来の変化にも柔軟に対応できる。様々な税制優遇にも対応し、一定の要件を満たせば固定資産税や登記代が安く済み、税金でも安心の住宅だ。

 

「住む・貸す・売る」という、「casita」を使用する人がどの立場になっても、永く安心して住める家だからこそ、適正な価格で提供し「利益を生む家」が可能になるのだ。

 

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。