マイホームが欲しい!注文住宅でも建売住宅でもない「商品住宅」を知っていますか?2016.09.30Fri

「マイホームを欲しい!」と日本人の誰もが思うことだろう。

実際にマイホームを購入しようと思うときにみんなが考えるのは、自分の拘りの家を実現するための注文住宅や安価で早く住み始められる建売住宅の2つの選択肢だろう。

だが、casa project(カーサ・プロジェクト)が推し進める「商品住宅」という選択肢があることを知ってほしい。

 

注文住宅を建てて「失敗した」と思っている人は意外に多い

「思い描いた理想の家を建てることができる」はずの注文住宅は、間取りや設備、素材などの仕様など何でも自由に決められる分、施主自身が寝室はどの程度の広さが適切か、素材の適材適所など多くのことを理解する必要があるため、多大な労力とお金が必要だ。

苦労して建てたマイホームに住んでみたらどうだろう。

住んでしばらくすると「キッチンが意外に使い勝手が悪い」「壁紙と床材の相性が気に入らない」など不満な部分が見えてくる。

拘りの家は3回建ててみてやっと満足する、ということを聞いたことはないだろうか?

実際は3回も家を建てることができる人は少ないし、一生に一度と建てたマイホームは「失敗した」と後悔している人は意外に多いものだ。

 

グレードの低い建売住宅は魅力がなく満足度が低い

4705eea479570bb8d7dad2731f5c6217_m

一方で建売住宅は価格が安く、早く住み始めることができる。

そのかわりに規格化され、コストダウンのために設備や仕様、デザインなどのグレードが低くなっていることが多い。

そのため、物件の場所や周辺環境というメリットがなければ、住宅にそもそもの魅力はないし、住んでみても満足できないだろう。

 

デザイン性や機能性が高くリーズナブルな「商品住宅」

20141030-0m0a5788-2_t

では「商品住宅」という選択肢はどうだろうか?

住宅建築を知り尽くしたプロが考え抜いてより良い家を目指した住宅が「商品住宅」だ。

洋服に例えるともちろんファストファッションではなく、オーダーメイドのように高価なものでもない。

既製品の洋服でもデザインや素材、色彩が気に入ったら購入して、長く着続けられるだろう。

住宅も同じだで、デザイン性や機能性が高くて価格がリーズナブルであれば「商品住宅」も十分に満足できるはずだ。

 

sky_eyecatch

casa cube」から始まった「商品住宅」プロジェクトは、現在そのバリエーションも豊富。

屋上テラスが贅沢な「casa sky」や通常どうしても価格が高くなってしまうスキップフロア住宅「casa skip」、ゆったりとした平屋の「casa piatto」、有名建築家の住宅「casa 建築家シリーズ」などあなたが気に入る住宅があるはず。

「商品住宅」はマイホームの新しい選択肢として興味深い。