casa

オリジナリティを生かせる、老後まで楽しめる家「casa amare」。

日本家屋のイメージが強い「casa amare」。

ロケーションや取り付けるものによって、その印象は大きく変わる。

ウッドデッキや、家具によって日本家屋ではないオリジナリティのある空間にも、

変えるとことができるのだ。

障子を開けると広がるパノラマロケーション!

_mg_3333

 

「casa amare」の特徴は横に長い平屋だ。

その横に長い家は、大きな窓が並びそこから見えるロケーションは格別だ。

もちろん純和風の庭でも家にはマッチするが、ロケーションにこだわって建てれば、

とても贅沢な空間に様変わりする。家の外と内をつなぐ縁側もいいが、

ウッドデッキを付ければログハウスのような雰囲気も味わえる。

日常にいながら、窓から見える景色が四季折々の非日常空間を演出してくれる。

 

木のぬくもりを感じる「casa amare」。

_mg_3367

 

木の優しい香りに包まれたその部屋は、

アロマエッセンスのように心なしか安心感を感じる。

床ももちろん無垢材を使用しているので、冬場でも「ひやっ」とした感触は少なく、

木材をふんだんに使った造りなので、住んでいる方は温かさを感じるという。

和風的でもあり、カントリーのような雰囲気のその空間は

中に置く家具によって印象を変えられるのも楽しみの一つ。

太鼓張りの障子は冷気をシャットダウンできる。

 

心地よい空間を維持する「モイス」の壁。

_mg_3385

 

綺麗な空気と、木の香りが家に入った瞬間に広がる「casa amare」。

「casa amare」は一棟全部の壁に「モイス」という調湿機能がある素材を使用してる。

室内の空気を調湿してくれるので家を長持ちさせることができる。

接着剤を使用しないので、シックハウスを防ぎホコリなどもつきにくく、

湿度も調節してくれるので快適な空気の中で毎日が過ごせるのが嬉しい。

 

ロケーションや、家具などで雰囲気が大きく変わる「casa amare」。

また家が長持ちするように考えられて造られているため、

老後まで楽しめる家ではないだろうか。

 

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa amare

日本の伝統美を手本にした

「受け継がれる家」