機能美を追求するスキップフロアの家「casa skip」。2016.09.14Wed

壁に仕切られない「スキップフロア設計」を取り入れた

ユニークな空間が広がる家があります。その名も「casa skip」。

シンプルな外観から玄関を開けると、開放的な空間が階段を登るごとに広がります。

それは、見た目の美しさだけでなく、中身もシンプルでスタイリッシュ。

そんな「casa skip」の機能美をご紹介。

余計なものを脱ぎ捨てた住宅「casa skip」。

07_%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bb%e5%90%b9%e6%8a%9c%e3%81%91_%e6%98%bc

 

「casa skip」の美しく使いやすい室内は家事もスイスイ。

無駄がない分コストもスリムで、暮らしに余裕が生まれます。

壁で視野を遮られてしまうのが一般的な2階建ての住宅。

壁のない「casa skip」は、視野が上下斜めに抜けるため、

実際の面積よりも室内が広く感じるのです。

シンプルな外観と優れた性能のある中身のある家。

09_塔屋側正面_夜

 

無駄を省いた設計は機能美を追求した究極のデザイン。

それでいて室内は凹凸にリンクして想像以上の広がりがあります。

また、機能美や楽しさだけではありません。住宅性能も安心・充実しています。

省エネ・耐震性・劣化対策、長期優良住宅基準に対応した優れた性能もcasa skipの真価です。

人と人がつながる温かい空間。

 

529

 

スキップフロアは、高低差のあるフロアを短い階段で交互に連鎖させた、

ユニークな凹凸構造の家。

壁で空間が仕切られないから、いつも家族と一緒。

思い思いの場所で過ごしてもお互いの存在が感じられ、一言声をかければ全員集合。

暖かく心地よい距離感が家族の心をつなぎます。

コミュニケーションや絆を育みやすい、家族思いの設計です。

また、街中で庭を作れない、建物の陰になってしまう、近所の視線が気になる、

そんな時こそルーフデッキがオススメ。

屋上だから、たとえ敷地が狭くても、お隣が近くても、プライベートを謳歌できます。

 

玄関のドアを開けた瞬間から、空まで通じる快適な空間が広がる家。

機能美が随所に取り入れられた家。

それこそが「casa skip」なのです。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。