戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」が99.37%という驚異の入居率を誇る6つの理由2016.09.07Wed

賃貸経営をしているオーナーさんにとって気がかりなのは、

やはり空室が発生してしまうことだろう。

その中で戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」は99.37%という驚異的な入居率を実現している。

不動産投資として、casitaが選ばれるには主に6つの理由がある。

 

高い家賃設定で高利回り

eos-4619

 

戸建住宅なので供給に比べ、まだ需要が少なく高い家賃設定が可能。

また、戸建賃貸は入居期間が長いケースがおおく「casaita」なら高い利回りが期待できる。

入居期間が長く高稼働率

_13A6702

 

戸建賃貸のメリットは、経営するオーナー側だけにあるわけではない。

「casita」は、住む人のニーズを考え、デザインや戸建物件の利点に加え、

「長期優良住宅」の認定を受る住宅だ。

そこで暮らす人のことを考え、住宅の性能・機能も高く、入居期間が長いケースが多い。

需要が多く供給が少ないため低リスク

_13A6706

 

「望ましい住宅形態」として、約70〜80%の人が「一戸建て」と回答している。

これは約10年間大きな変動はない。

この戸建てを希望する人たちの中の集合住宅に住む8割近い人が、

風通し・陽当たり・騒音などの理由から不満があり「一戸建てに住みたい」と考えている。

しかし、戸建賃貸は集合住宅に比べると数が圧倒的に少なく、

戸建賃貸はとにかく希少性が高い物件なのだ。

需要に対して圧倒的に供給が少なく、空室リスクが低いのも利点。

立地や土地の形状にとらわれない柔軟性

_13A6741

 

アパートやマンションを建てようとする場合、広い土地面積が必要となってくる。

また、繁華街や駅から近いという立地条件に大きく入居率が左右されるが、

戸建賃貸なら広い土地面積を必要とすることなく土地や土地の形状にとらわれることが少ない。

また、戸建賃貸は入居希望の需要もおおく〝駅近・繁華街〟にこだわることもないのも魅力。

柔軟性のある土地選びが可能なのだ。

流動的に投資が可能

4

 

通常は丸ごと売却することしかできない集合住宅とは異なり、

戸建は一等単位で売却することもできます。また、人に貸すのをはやめて、

息子さんやお嬢さんを住まわせることもできる。

また、複数お子様のいる家であれば、

相続の際なども一棟ずつわけて相続をするという手法もとれ、

売却や他の運用など将来のリスクに柔軟に対応できるのだ。

低コストで取得、維持管理が可能

eos-4640

 

不動産投資の最大のリスクは、初期投資の金額の大きさだと言われている。

オーナーになるためには、まず不動産を購入(保有)しなければならない。

集合住宅に比べて、戸建賃貸では土地面積も、

家を建て物を建てる費用も抑えることができる。

また、建物の完成から満室になるまでの期間が短いのも大きなメリット。

変化性が高くリフォームもしやすく作られているので、将来の変化にも柔軟に対応できる。

 

戸建住宅casita(カシータ)が、なぜ高稼働率を維持できているのか。

それは、時代の流れ捉え、消費者ニーズを追求し、賃貸物件にして、

希少性の高い長期優良住宅の認定をうける高品質な住宅だからなのだ。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。