casita

マイホーム購入と戸建賃貸を借りた時の比較メリット。戸建賃貸「casita」が支持される理由。

「家」は一生ものの買い物といわれるように、将来、戸建を購入するのか、それともマンション・アパートなどの集合住宅を購入するのかで迷っているという方も多いだろう。

しかし、「マイホームを購入するにはまだ資金不足」、「将来的にローンに悩まされるのが嫌」、「戸建に住みたいが一定の場所に固定されたくない」、「賃貸がいいがマンションやアパートは手狭、広い家に住みたい」など、理想の家を手に入れたいが、なんらかの理由で問題を抱え購入を躊躇されている方も少なくないだろう。

そんな方に向けてご紹介したいのが、いま需要が伸びつつある戸建賃貸だ。戸建賃貸「casita」もその一つ。

デザイン・コスト・機能に至るまで人気の住宅だ。

eos-4654s

しかし戸建賃貸はまだ供給が少なく、実際どんなメリットがあるのかご存知ない方も多い。戸建賃貸を借りたい方の多くの方が気になるのは実際資金がどのくらいのものなのかではないだろうか。先ずはこの一番気になる「資金的部分のメリット」についてご紹介していきたい。

マイホームを購入した場合と、戸建賃貸住宅を借りた場合の費用の差はどのように違うのだろうか。

初期費用・修繕費が安い。

eos-4652s

まず、戸建賃貸を借りた場合の初期費用(ランニングコスト)は、マイホームを購入した場合と比べ圧倒的に安い。

戸建賃貸は、マンションやアパートを借りるのとルールは変わらないので、掛かる費用項目は1ヶ月の賃貸料、敷金、礼金、その他管理費程度。

初期費用としては安い物件であれば20万円前後、対してマイホームの購入となると、ローンを組や頭金などが必要となり、初期費用としては最低でも300万円前後は必要になってくる。

初期費用の差は圧倒的に変わる。また、修繕費も経年劣化の修繕を求められる住宅購入に対し、賃貸であれば転居時に劣化が激しい場合を除いて、修繕費も購入した場合に比べると圧倒的に少ない。

固定資産税が掛からない。

unspecified-1

マイホームを購入した場合、重く圧し掛かってくるのが固定資産税。

物件の価格にもよるが、4000万円程度の物件(土地込み)であれば年間10万円程度、1億円以上の高額な物件であれば年間数十万円に膨れ上がる。

固定資産税が年間1万円の場合、仮に30年住んだとしたら単純計算で300万円。

この固定資産税が、賃貸の場合はかからない。この差も戸建賃貸を借りる事の大きなメリットと呼べるだろう。

引越しによるリスクがない。

_MG_3606

転勤や子供の進学など、環境の変化によりやむなく引越しが迫られる事がある。

中には生活するのが不便で引っ越したい、近所付き合いにも不満があり引っ越したいなど、治安などが悪いため引越したいといったケースも出くる。こういった事は事前に予測できない事も多い。

マイホームを購入してしまうとなかなか引越しを実行できなくなる。

新たに購入するとなるとまた莫大なお金が必要になる。売却を試みても、基本的に購入価格よりは下がり、中には半額、1/3となる事もなるので資金的には大きな損失となる。

eos-4658

対して賃貸の場合は、新たに敷金、礼金が掛かる程度なので、引越しによる出費は圧倒的に抑えられる。この手軽さも賃貸で借りる事のメリット。

マイホーム購入と賃貸とでは、トータルで掛かる費用を比較した場合どうなるか。これは一概には言えないので比較が難しい部分だか、10年、20年程度住むのであれば、購入するより賃貸の方が初期費用も掛かっていない分、トータルの費用は安くなるケースが多い。

逆に30年、40年と長年住む場合は、購入した一戸建ての方がローン返済なども終わり、トラブルがなければ月々の家賃も掛からないため徐々にコストパフォーマンスが良くなってくる。

 

どちらにも利点はあるが、ぜひご自身のライフスタイルに負担にならない、良い住環境を手にしていただきたい。そしてマイホーム購入を諦めてしまった方にこそ戸建賃貸「casita」はオススメ。そのデザイン性と機能性はきっと、マイホームと引けを取らないことだろう。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。