casita

オーナーも入居者も大満足の高品質!戸建賃貸住宅「casita」のこだわりを探る!

難しいと言われる賃貸経営の中で、驚異的な数値を伸ばしている賃貸住宅があります。

新しい賃貸経営のカタチを提案する〝戸建て賃貸住宅「casita」″です。

低コスト・低リスク・利回りといった不動産投資としての魅力はもちろんありますが、

人気の秘密はそれだけではないようです。

オーナーにも、入居者にも高い支持を得ている「casita」のこだわりを探ります!

時代のニーズに支持される防音性。

eos-4640

 

戸建て住宅と、集合住宅の大きな「差」として音の問題が上がります。
木造アパートの防音は、上下左右ともにつつねけ状態に、鉄筋コンクリートでも完璧とは呼べないでしょう。

しかし「casita」は戸建て住宅なので、隣の音が聞こえることはありません。騒音のストレスを感じない、また逆に上下左右の部屋に音に〝気を使う″というストレスも軽減されます。ただでさえストレスの多いストレス社会、せめて我が家では余計なストレスは溜めたくない。そんな時代のニーズから支持されているのではないでしょうか。

充実・満足の高品質設備!

4

 

戸建て住宅「casita」なら、一戸建ての注文住宅とは変わらない使用設備で、長期優良住宅にも対応しています。マンションやアパートなどの集合住宅では、どうしても賃貸用の設備なのでお風呂もキッチンも狭くなってしまいます。また、高品質の設備を希望すると、どうしても築年数が浅く、家賃の高い物件になってしまいます。

文字の中だけで見ると「設備が古くてもそんなに問題ないよ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、築20〜30年の集合住宅設備と、戸建て住宅とでは大いに違います。先ほどあげた音の問題、水周りの「匂い」などの問題もあります。

集合住宅は「住宅」が集合してるわけでなく、一つの建物自体が一つの住宅です。老朽化も一箇所ではなく全体です。そういった意味でも、オーナーさんがメンテナンスを考えた場合、戸建てと集合住宅だとどちらが良いかは一目瞭然ではないでしょうか。

広さ・駐車場に対して嬉しいコスパ!

eos-4615s

 

「casita」の広さは一家族が住める3LDKが標準基準です。1階と2階合わせて、81平米〜92平米のプランがあり、インナーガレージは無理でも家の前に車を止めることのできる土地利用が可能です。

賃貸アパートでは、2LDK以上の間取りで満足できる広さは少ないのが現状です、マンションで同じような内容の価格帯(家賃)で見つけるとなると、当然家賃は高くなってきます。さらに、駐車場契約をするとなると、都内であれば別途「これは家賃では!?」と、驚くほどの駐車場代を払う場合も考えらえます。

都内23区主要な駅周辺であれば、

1LDK:家賃13〜15万 管理費:1万 別途駐車場代:3万円

がリアルな数字ではないでしょうか?

となると、これより広い平米数で、家賃も抑えられ、駐車場もあったら?借りる方は嬉しいですし、入居期間もおそらく長くなり、オーナー側の安定経営にも繋がります。

コスパ・広さ・便利さ「casaita」がどれだけ魅力的か、その差は歴然です。低コスト・低リスク・利回りといった不動産投資としての魅力はもちろんありますが、それ以外の根本的な「家」として高機能・高品質を備えた住宅であることが「casaita」の魅力だと感じます。

 

オーナーにも、入居者にも高い支持を得ている「casita」のこだわりは、「家」として、人々が生活を営むのに最適な空間・設備、「イイモノ」を届けているからだと感じました。貸す人も、借りる人も是非一度、戸建て賃貸を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。