casita

「戸建賃貸」と「駐車場経営」を比較!土地活用の資産運用するならどっち?

マイナス金利の時代に突入した昨今、銀行にお金を預けるメリットは殆ど無いに等しい。

経済も上向いてきてると言っても不安はぬぐえない。

「せっかく貯めた貯金をどうしたらいいか?」と、お考えの方も多いのではないだろうか。

やはり現状持っている資産を活かし、さらに増やしていくことが賢い考えといえる。

投資といってもFX・株・債券・土地活用など形態は様々だ。

今回は、「casita」に限らず、土地活用の資産運用に焦点を絞り戸建賃貸・駐車場経営を比較した場合をご紹介したい。

(※土地をお持ちの方、また土地購入を前提でのお話になります。)

初期投資はここがポイント!「戸建賃貸」vs「コインパーキング経営」

_mg_0825

投下資金の多寡と空室リスク・節税など、数ある土地活用の手段の中でも話題の戸建賃貸と駐車場経営の初期投資から比較していこう。

戸建賃貸経営は、戸建住宅を建築するので必ず初期費用が必要になる。

建てる物件にもよるが約800万〜約1000万円前後の初期費用が必要となる。(土地代別途)

駐車場経営の場合はアスファルト舗装などの土地整備、コインパーキングであれば駐車した車をロックする装置や精算機などの機械調達、看板類や夜間の照明などの費用が必要ですが、比較的少額で経営を始めることができる。

節税対策アリの戸建賃貸と、ナシの駐車場経営。

戸建賃貸経営は、固定資産税の減税や相続税の軽減など、登記代が安く済むなどの節税効果がある。

一方、駐車場経営は、更地としての扱いになるので、節税効果を得ることは出来ない。

分割や売却はどちらも可能。土地の転用。

2f139b5c25c67863692d988a2d1c4a7c_m

戸建賃貸は一棟ものマンションとは異なり、1戸ずつ売却できるので、相続時など分割して所有することも可能だ。

また、集合住宅とは違い、家賃だけの収益還元評価ではなく、中古物件として転売が可能。

資産を損をすることなく、売却することができる。

ただし、別の収益物件とする場合には、解体が必要になる。

駐車場経営も分割や売却はもちろん可能、別の収益物件にすることも容易。

立地条件に柔軟な戸建賃貸と、地域や立地が限られる駐車場。

20160907

戸建賃貸は、変形地・小さい土地でも有効的に開発できる。

通常、アパートやマンションなを建築する場合、20坪、30坪の小さい土地ではたいした開発は難しい。その点、戸建賃貸は20坪前後の土地でも変形地でも開発が可能。

駐車場は、駅前や周辺に集客施設がある地域など立地条件は限られてくる。また、一箇所では大きな利回りが期待できず、幾つかの運営になる。

戸建賃貸経営、駐車場経営のどちらの方法が土地活用に最適か比較してみたが如何だっただろうか。節税対策についてお考えの方や、所有地が住宅地で活用方法に悩んでいる方は、ぜひ戸建賃貸経営を視野に入れてみては如何だろうか。

さらに「casita」のようなデザイン性やローコスト、機能性が充実した住宅なら資産活用の幅はもっと広がるかもしれない。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。