casita

女性にも薦められる「casita」の賃貸経営。フリーランスでもできる資産形成の魅力。

昨今、日本では雇用形態も様々で、女性の社会進出も定着化している。

フリーランス(個人事業主)で働く人も多くなってきた。

それに伴い、将来の事を考えてマンション購入や、不動産投資に興味を持つ人も多い。

不動産購入・不動産投資は、現実的に融資や利回りといった不安も多いなか「casita」の賃貸経営は女性にもフリーランス(個人事業主)の方にも人気だという。

「casita」資産形成の人気の理由はなんなのか、その魅力に迫る。

戸建賃貸で長期優良住宅はcasitaだけ。

eos-4640

 

自分がオーナーになる場合、入居者の方にはできるたけなるべく長く住んでもらいたし、オーナー側が負担しなければならないメンテナンス費はなるべく抑えたいのが心情だろう。

casitaは長く住むときに重要な「家の性能」が考えられた住宅なのも魅力の一つだ。

標準仕様で「長期優良住宅」の基準をすべてクリアしている。耐震性能・機密性・断熱性・メンテナンス性など、あらゆる面でのニーズをしっかり応えられる「良い家」であることが、長期保有するための最大の利点だ。また、機密性・冷暖房性が高いということは、ランニングコストも安く済む。

変化性も高くつくられており、メンテナンスが必要になった時、大規模な工事をしなくてもいいように、配管などの入れ替えがしやすいように二重構造にするなど、住宅事情に詳しくない人が購入しても、後々、安心して運営できるような配慮がされているのも嬉しい。

オーナー側の運営側にも、借りる側にもメリットがあり、また機能性も充実した良質な住宅なのもcasitaならではの魅力だ。

 

女性の目線も大切にした戸建住宅。

_13A6706

 

戸建賃貸のメリットの一つに「希少性」がある。「戸建賃貸がに住みたい!」と思ったひとがいても、今の日本では絶対的な流通量が少ないのだ。築20年以上の古い家で、いわゆる「昔ながらの借家」のようなイメージの物件が多いなか、インテリアやファッションに関心が高く、自分のセンスに妥協を許さない、30〜40代の若年層をターゲットにした戸建賃貸は、ほとんどないと言っていいだろう。

casitaは、スペックだけでなく、外観や内装などの「見た目」にもこだわって作られた家だ。

「こんな家に住みたい」「ここに住んでみたい」「ずっと住み続けたい」と思ってもらうためには、シンプルでスタイリッシュなデザインも必要不可欠。また、住まいに対するこだわりが強く、実に細やかなところまで目線が行き届く女性の目線も大切にしている。

スタイリッシュな外観だけではなく、家事を多く担う女性が効率的に活用できるような家事動線や、充実した収納、どんなインテリアも映えるシンプルな内装、クラス感のあるホテルライクな水回りなど、女性に喜ばれるアイディアが随所に施されている。

「一流」がわかる働く女性や、子供の成長や安全性を第一に考える子育て世代の女性にむけて、幸せな暮らしを提案できる家をcasitaはコンセプトとしている。

 

事業計画書の決め手。融資の成否。

_13A6702

 

戸建賃貸のオーナーになるなかで、フリーランスや、サラリーマン、独身女性など、銀行の資金融資が可能かということが不安の一つにあがるかもしれない。
全くの素人では、不動産の事業計画を考えれのは難しいかもしれないが、工務店や、建築会社など「家のプロ」の方などに相談しながら一緒に計画するのも、机上の空論にならず的確なアドバイスがもらえる。

例えば、土地の選び方によっては法人契約もできる。
土地と値段と立地条件、家賃相場などからシュミレーションをしてみたとき、利回りが8%を切るようなら、少し厳しいという。(土地の形も重要で、土地の形が悪いと無駄も多くなってしまう。)

土地の周辺を見渡してみて、賃貸の物件があれば、ニーズある地域なのだと判断できる。入居者の方の中には、法人契約をされている方も少なくなく、近くに大きな企業や工場がいくつかあると借り上げてくれる。社員がどこに住んでいるかリサーチするのもポイントだろう。しかし、そういった〝生きた情報〟は、一人でリサーチするのではなく、やはりプロの意見も参考にしたいところだ。

 

ほとんどの「不安」は現実ではない。女性にであっても、フリーランス(個人事業主)であっても、きちんと、プロに相談しながら良質な住宅購入であれば、戸建賃貸の資産形成は可能なのだ。

 

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。